AGA服薬1225日 「なぜかモテる肥満」が実践している戦略は、たった一つらしい

suteneko_hirou_furyou.png


私が薄毛になった原因の一つには、無理なダイエットを繰り返したことがあると思っています。無理なダイエットを繰り返したということは、そこまで太っていたということでもあります。肥満は薄毛の原因の一つでもあるので、薄毛になった理由は肥満であり、ダイエットでもあるという感じになるのかも。


髪が薄くなり始めたのは、30歳になる前くらいでした。ダイエットに成功し標準体重になったのは、40歳になる前くらい。50歳になる前くらいにAGA治療薬の服用をスタートさせて、現在に至ります。年齢の節目を迎えるときには、何か新しいことをやってみようと思うものかもしれません。


40歳くらいで肥満を脱出したわけですが、最近また太ってきた感じ。毎年少しずつリバウンドしていることに気づいていましたが、筋トレをしなくなったここ数年は明らかにマズい傾向。どうにかせねば。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
「なぜかモテるデブ」が実践している、たったひとつの戦略
日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1572947
*****

20歳前後のころからダイエットを繰り返していたので、今でも肥満に関する記事は気になっています。見た目問題という点では、肥満も薄毛も同じようなところがありますしね。肥満を薄毛を読み替えれば、共感できることが多いものです。


今回の記事も、そうやって読み替えてみました。
しかし、なんだかしっくりこない。肥満よりも、薄毛のほうが分が悪い気がしてくるのです。例として挙げられていることと同じことを薄毛の私がやったとしても、同様の結果は得られないような気がするんです。


う~ん。
これは、自分にぴったりの方法を見つける必要がありそう。肥満の場合より、選択肢は少ないような…、狭いような…。

この記事へのコメント