AGA服薬1187日 「肩ズン」「耳つぶ」という言葉はそんなに有名なの?

couple_dakitsuku_man.png


記事タイトルだけを見てこんな感じの内容だろうと思っていたことが、記事を読むと全く違う内容だったという経験がたまにあります。


今回もそうだったんですが、これはタイトルを誤解したというよりも、流行語の意味を知らなかったことが原因でしょう。


「肩ズン」と「耳つぶ」なんて言葉の意味を、あなたはご存知ですか?

*****
「肩ズン」をされて嬉しかった女性は9割一方で、「肩ズン」された時に頭のニオイが気になったらがっかりすると思う、と回答した女性は9割|花王株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000043835.html
*****


「肩ズン」って、すれ違いざまに肩をズンとぶつけることだと、タイトルから思っていたんです。こんな感じのことを、同期の女性にしたことがあったんですよね。だからてっきり、この行為を「肩ズン」と呼ぶのだと思いこんでいました。
ところが、まったく違うという…。


そして、「耳つぶ」にいたっては、このプレスリリース内では説明がない始末。そこまで有名な言葉ということなんですかね。「耳元でつぶやく」みたいな意味なのかな~?
知らないことはすぐに調べる主義ですが、これは調べる気になれず。このままにしておきます。


それにしても、メーカーはいろんなことをアンケート調査するわけで、自分たちの求める結果を引き出して、そちらに導こうとするわけです。


ニオイは臭いより良い香りのほうがいいことはいいのですが、人間なんだからいろんなニオイがしますよね。
それに好きになってしまえば、そのニオイが臭くても好きになってしまうこともありますからね。


恋愛とニオイに関係があるという話を、聞いたことがあります。また、ニオイと記憶の結びつきはもっとも強烈ということも聞いたような。ニオイを嗅いだだけで、忘れていた思い出がよみがえるなんてことがあるそうですからね。好きになった女性の頭皮のニオイは良い香りではなかったのは確かだけど、大好きな香りでした。


良い匂いだけが良い香りというわけではないのでしょうな。

この記事へのコメント