AGA服薬498日後 「薄くなった部分が悪目立ち」「丸刈りは最終手段」理容師おすすめの髪型は?

cut52.9_kuri3-736x491.jpg



薄毛の人に似合う髪形選びのヒントをプロに聞いた記事がありました。
冒頭にある意識調査で、男性が気にするのは「職場の異性」の視線という回答が五分の一(21.8%)もありますね。



*****
【サラリーマン特報】「丸刈りは最終手段」薄毛に似合う髪形、理容プロが隠さず伝授 中途半端に伸ばすのは厳禁 (1/2ページ) - 経済・マネー - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20170524/ecn1705241530002-n1.htm
*****



薄毛でも似合う髪形は、やはり「ソフトモヒカン」ということ。これが一番、薄毛が目立たないというのが常識になってますもんね。



で、面白かったのが「悪目立ち」という言葉。
『残った髪を中途半端に伸ばすのは厳禁。薄くなった部分が悪(ワル)目立ちするというのだ。』という箇所で使われていて、「悪目立ち」という単語は初めて聞きましたよ。



また、「スキンヘッドや丸刈りは最終手段」とあります。
この理由が「髪には頭を守る役割もある」ということですが、薄毛でも頭を守れるのかな~?なんて思っちゃいました。スキンヘッドや丸刈りにしてみれば、髪の防御力に気づくものなのかもしれません。今は、そんなふうに考えられないけど。



それから、「一般的に、デザインは美容師、短く刈り込むのは理容師の得意分野」というのも興味深いところ。美容師さんのほうが、うまく薄毛を隠してくれそうなイメージがありました。でも言われてみれば、短い髪型は理容師さんのほうが慣れてるのかもしれません。
まぁ、どちらにしても技術の「あるなし」になるのでしょうけどね。



いろんな「カツラ」で、毎日ポンポンと簡単に着替えるのを楽しむ…なんてことが一般的になればいいんだけどな~。洋服や帽子、靴のように。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック