AGA服薬684日後 『“若さ”という武器を失った40代に合った「見せ方」を学ぶこと』

hakken_ufo.png



40代は見た目で判断される!? デブ・ハゲ・加齢臭を放置してたら“伸び悩む男”に…

というタイトルの記事を、11月20日にツイートしました。



薄毛やハゲの問題を抱える私たちですが、40代(私はもうすぐ50代)ともなると、デブと加齢臭の問題もそれに加わってきますよね。



まぁそれだけではなく、今の私は五十肩が治らないし、老眼や尿モレなんかの問題もくっついてきます。



記事によると、伸びる40代と伸び悩む40代という差が出るとのこと。40代から飛躍したり、人生を好転させる男は、見た目にも気を使っていることが多いんだって。



*****
『男は中身だ』『仕事ができれば格好なんてどうでもいいだろう』と考えている男性ほど、残念ながら努力が結果に結びついていないように思います
*****



「育毛やダイエットをしろってこと?」と反発したくもなりますが、そういうことではないみたい。


*****
大切なのは、“若さ”という武器を失った40代に合った「見せ方」を学ぶこと
*****
なんだって。



そして、やっぱり出ました。

*****
薄毛に関しても、隠そうと躍起になっている男性より潔く坊主や短髪にしているほうが好印象
*****



若い頃なら見た目が悪くても、その若さがカバーしてくれていたってことがあるのかもしれません。



40代ともなれば、薄毛やハゲもそうですが、何の努力もしないと見た目はどんどん衰えていくばかり。そこで、どんな努力をするのかってところが重要なのかも。



間違った方向へ努力してしまうと、その苦労が報われないということか。



時間や労力、お金をかけるなら、きちんとした結果が出るようにしたいもの。無駄にしたくないですもんね。



自分がどうしたい、どうありたいってことも大切だけど、正しい「見せ方」や正しい方法を学ぶことや知ることも大切なのでしょうね。



隠すのではなく、どう見せるか。



この記事へのコメント