AGA服薬1058日 いわしの缶詰が薄毛・白髪の予防改善に効果があるとテレビで言ってた

fish_sakana_iwashi.png


TBSテレビ「名医のTHE太鼓判!」という番組で、いわしの缶詰が薄毛や白髪の予防改善に良いと放送していましたね。放送日は、12月3日でした。


夕食時に何気なく見ていたらそんな内容だったので、興味を持って見てしまいましたよ。


いわしは青魚でしょうから、EPAだなんだって健康に良いのは知ってますよね。そのEPAが血流を良くすることにより、薄毛の予防につながるということのようです。


いわしを毎日食べるというのも難しいので、缶詰で手軽に摂取しようということなのでしょう。1日に2缶が推奨されていました。けっこう大変。


お笑い芸人がいろいろとアレンジしながら、1日2缶を2週間食べたところ、髪質が変化したことを実感していました。さらに、血管年齢がかなり若返り、EPAの値も跳ね上がっていたのです。


番組スタッフからイワシ缶を追加されていたので、そこからまた継続したのかもしれません。


サバ缶が健康に良いとテレビで紹介されて、売り切れ続出・入手困難な状況になったとか、サバの価格が上昇したとかのニュースがありました。「次は何でブームを作る?」ってことでイワシ缶が出したんじゃないかと、うがった見方をしている私。いわしの缶詰は、売り切れているのでしょうか。


まぁね。健康に良いのは間違いないんですもんね。
健康になるということではなく、薄毛や白髪の改善予防だから、売り切れるほどではないのかも。


ただね。いわしの缶詰を食べたお笑い芸人さんも2週間だったでしょ。私がダイエットをいろいろやったときの経験や情報から考えると、この2週間や3週間という期間がクセモノなんですよね。


巷で流行っているダイエットを始めると、最初は効果があるんです。だから流行るわけですよね。ところが、3週間くらい経つと、そこからはほとんど効果が出なくなることが多いんです。


人間の体は3週間で新しい細胞に入れ替わるそうなので、もしかしたらこのことと関係しているのかもしれないと私は以前から考えています。2~3週間は成果が出るんだけど、細胞がすべて入れ替わる頃からは効き目がなくなると。


この3週間というのを意識していると、ダイエットや健康食品、サプリメントなどの広告でも、3週間程度までは効果を宣伝・保証しているような商品が多いことに気づきます。健康器具とか健康法とかも、もしかすると同じかな。もしかするとばかりで恐縮てすが、育毛剤などもそうかもしれませんね。


医薬品なども一緒なのかな。
なんだって最初のうちは、効果があるのかもしれませんね。人間の体は慣れてくるから効き目が弱くなるのかもしれないし、恒常性などもあって元に戻ろうとするのかもしれません。


そのあたりを考慮して、3週間毎に別の方法に変えるというダイエット方法もあったと記憶しています。このダイエットを実践していた人、どうなったのかな~。


イワシ缶を毎日2つ、ずーっと食べ続けるなんて、きっとできないですよね。でも、イワシ漁をしている漁師さんたちはフサフサの人ばかりでした。


Amazonでイワシ缶を見てみると、いろんな味付けがあります。それでも、1日2缶は厳しそう。
う~ん、朝食か昼食に2缶食べちゃえばいいかな。夜ごはんは普通に食べて。

やっぱ、無理かな。

この記事へのコメント