AGA服薬1359日 ぎっくり腰かも? 「ぎっくり」ってなんだ?

sick_gikkurigoshi_man2.png


意味のわからない言葉は、すぐに調べるほうでしょうか?

私は昔から、すぐに調べるほうでした。わからないことを放っておけないからなのか、知らないことを知ることができる喜びなのか、どういうわけかは不明ですが、そのときに調べておこうと心がけていた気がします。


子どもの頃は、辞書や図鑑なんかで調べるしかありませんでしたよね。今は、インターネットとスマホがあるので、わからないことはあっという間に調べることができます。


最近よく調べるのは、何気なく使っている言葉の意味や由来かな。長年使っている普通の言葉が、そもそもどういう意味なのか、どういう由来や語源があるのかなんてことが気になって調べることが多いのです。


たとえば………。
たとえばこんな言葉や単語と紹介したいのですが、こういうのってその時じゃないと思い出せないのが辛いところ。


実は昨日、ズボンを履こうと前かがみになったとき、腰に電気が走るような感覚がありまして、腰痛になったんですよ。たま~にあることなんですが、ズボンを履く瞬間というのは初めてかも。


こういう腰痛を「ぎっくり腰」というのかもしれませんが、この「ぎっくり」って何なのでしょうかね? 腰という言葉としかセットで使われないと思われる、この「ぎっくり」という言葉。まさに的を射た表現だとは思うのですが、この「ぎっくり」のように、その言葉やその瞬間にしか使用されない言葉や単語、表現というのは他にもいろいろありますよね。


たとえば………。
これまた、例えが思いつかないのが残念。
でも、いつも気にしていると、「この言葉、この言葉との組み合わせでしか使われないぞ」「そもそも、どういう意味?」なんてことが、毎日のようにあるんですよね。


ぎっくりに似ている言葉なら、「ぽっくり」があるかな。ぽっくり死ぬという使い方しかされないような。ぎっくりもぽっくりも、その様子をうまく表している種類の言葉なんでしょうね。擬態語にあたるんでしょうか。


ひっそりとか、こっそりとかも同じ?
全部、「り」で終わっているのは偶然?

しゃっくりは別物かな。とっくりも違うか。

あ~、びっくりがありますね。
どっきりもあった。
くっきりというのもあるぞ。
とびっきりというは、どうだ。


むむむ。ずいぶんあるではありませんか
ほっこり、すっきり…、ぎゃぁ~無限に出てくる。


調べてみたら、「状態副詞・情態副詞」というみたい。
このページによると、全部で167種類とあるそうです。

*****
状態副詞(- っ - り)
日本語の此処が気になるブログ
http://blog.livedoor.jp/modi_of_japanese/archives/31901476.html
*****

しょっちゅう使っているものばかり。こんなにあったとは、おもしろい。


ぎっくり腰になったことで、おもしろい話に触れることができました。喜んでいる場合ではないものの、楽しかったから良かったかも。

しっかり、すっかり、きっちりと治ってほしいものです。

この記事へのコメント