AGA卒薬80日目(服薬1502日)こだわりの鳥口ジェット育毛剤が販売されていた

bird_shimaenaga.png


読み間違いは
多いほうでしょうか?

初めて見る漢字や
難読漢字などを
読み間違えるのは
まぁ
しょうがないとしても、

簡単な漢字や
時には
平仮名さえも
読み間違えてしまう。

そんな人が、
たまにいたりします。

助詞の一文字で
意味が変わるわけですから、
私としては
きっちり読みたい。

でも
チャチャッと読んじゃう人は、
だいたいの意味がわかれば
いいだろう
って感じなのでしょうか。
きっちり読む必要がある
と感じたら
しっかり熟読するのかな。

今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
毎日の10分で女性に好まれる髪に!Men's Resucueより育毛剤が4月23日(木)販売開始!
イルミルド製薬株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000037416.html
*****

化粧品の製造販売をしている
製薬会社が
育毛剤の発売を始める
とのこと。

「Men's Resucue」という
ブランド名なのですね。

そして、
「10分で女性に好まれる髪へ」
というのは
10分で髪が増えるのかと
少し誤解してしまいました。

んなわけない…。


さらに勘違いというか
誤読したのが
「鳥口ジェット」。

「鳥」を「島」と見間違ったうえ、
「口」が「口」なのか「ロ」なのかが
わからなかった。
後ろに「ジェット」が続くから
「ロジェット」のほうが強かったため、
「島ロジェット(しまろじぇっと)」と
読んでしまったわけです。

「こだわりのしまろじぇっと」って
なんだべ???
…と、頭の中がクエスチョンマークだらけ。


ページを進めたところで
「鳥口(とりくち)」なのだと気づき、
ジェット噴射なのだなということも
わかりました。

鳥と島は
子どものころの
書き間違えた記憶が
思い出されます。

口とロの区別に関しては
パソコンやネット時代の産物…
かと思いきや、
そうでもないみたい。

ちなみに、
「力」と「カ」の区別も
同じです。

見ている人の環境によって
違いがわかるように
表示されていないことも
ありそうだけど…。

*****
口の大きさ(2):「口」とカタカナの「ロ」
デザインの現場 小林章の「タイプディレクターの眼」
https://blog.excite.co.jp/t-director/25790152/
*****

この記事を見ると、
「新宿西口ロータリー入口」
という道路標識(?)が
出てきます。
ネット時代以前から
口とロは区別して
表記されていたわけです。
当たり前か。


きっとおそらく
フォントによっては、
大きさだけでない違いが
あるのかも。

っていうか、
フォントの問題じゃなく
文字の形としては
正式な違いというものが
ありそうな予感。
小学校で習ったときは、
そう習ったのでは
なかろうか。
そんな記憶が
よみがえってきました。


そうそう。
ヤフーニュースを見ていて
最近困ったタイトルが
「人気」です。

「人気のない~」を
「にんきのない~」と読んだところ、
「ひとけのない~」が正解でした。

「にんきのない」と
「ひとけのない」では、
意味がぜんぜん違います。

人気を
「にんき」
と読む人のほうが多そうなので、
「ひとけ」
と読ませたいときの表記を
区別してほしいのです。

でも、
「人け」と書くのは変だし、
「ひとけ」でも変。
「ひと気」と書くしかないかも。
見慣れないから変だけど…。

「人出のない」と書くほうが
パッと見は伝わりそう。


こんなこと気にしてる人、
私だけ?


で、
鳥口ジェットに戻ると、
鳥の口みたいな形状
ってことで
見た目もそうなんだけど、
その説明がないのは
大丈夫なの?
鳥口って表現は、
そこまで一般的?

鳥口と聞けば、
誰でもわかることなんかな。

まぁ、
わかる人がほとんどなら
私が鳥口で文句を言う話では
ないんだろうけどさ。


この記事へのコメント