AGA服薬1426日 なぜ刈り上げスタイルのカツラがなかったのか?

hair_kariage.png


すぐに調べる人ですか?

何かわからないことがあると、すぐに調べるほうでしょうか?


昔から私は、すぐに調べるほうでした。辞書や図鑑で調べたわけですが、家にあるものは限られますから疑問が解消しないまま終わることも少なくなかったと思います。今はスマホでググればいいんですから、何だって解決ですよね。


調べればすぐにわかる時代ではあるものの、そもそも疑問に思わなければ調べることはないわけで。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
ついに『刈り上げられるカツラ』が完成! これまで困難とされていた刈り上げスタイルを完全再現
株式会社 The Pointのプレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/232176
*****

この記事タイトルを見るまでは、カツラに刈り上げスタイルがないということを知りませんでした。刈り上げスタイルのカツラがないということを知らなかったのですから、どうして刈り上げスタイルのカツラがないのだろうという疑問も今日まで湧いたことがなかったことになります。


そう言われると、カツラって長髪ぎみのものしかないような気がしてきました。『どうして今までなかったのだろう?』と、記事を読みながら考えますよね。


記事に出ている実際の写真や動画を見ていると、「そうか!」と気づきました。刈り上げスタイルの場合、モロにカツラの端が露出するわけですから、よほど精巧に作られていないとバレバレになるからではないのでしょうか。もみあげやサイド、襟足部分がパカパカと浮いたりしても困るわけだし、ひと目見ただけでバレるようでも困りますもんね。記事にあるMakeRealのカツラは、それを克服したということなんだと思います。


動画では、すごく長いカツラをかぶり、それをカットしていく様子を見ることができます。刈り上げているんですよね。


その下には、「青山の現役美容師によるヘアスタイル作り」というタイトルで、いろんな髪型の写真が出ています。ここの一番最初の写真って、これもカツラをカットした写真なんでしょうかね? それとも、この髪の人をいろんな髪型にしたという意味なのでしょうか?


でも、そうだったのか。
刈り上げスタイルのカツラは、今までなかったんですね。刈り上げスタイルにしたい場合は、あきらめるしかなかったわけか。


考えてみればカツラって、薄毛を隠せたとしても自分のしたい髪型にできるわけじゃないんですもんね。似合う似合わないは、二の次だったわけか。自分に似合う髪型や自分がしたい髪型にできるようになったほうが、楽しいに決まってる。薄毛になっても悲観しなくていいような、いろんな良いものが出てくるようになりましたね。

この記事へのコメント