AGA服薬1062日 イケメンではないのにモテる40代男性の秘訣とは

hige_datsumou.png


ノンスタ井上、フジモンも…“美肌男子”に女性が明かす本音

という、『日刊ゲンダイDIGITAL』の記事。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/243568

このお二人は、美肌男子として有名なんですかね。
井上さんのほうは、月10万~20万円くらいを美容にかけていると記事にあります。すごいな~。


美肌男子という言葉があるようなので、それだけ美肌に気を使ったりお金を使ったりしている男子が増えているということなのでしょうか。美容業界の戦略のような気もしないではありませんが、どうなんでしょう。


そんな「美肌男子」のことを世の女性たちはどう思っているのか聞いてみた、というのがこの記事の主旨。特に、中高年男性の美肌活動に絞った内容になっています。


女性の声がいくつか紹介されているものの、3、4人の意見だけで実際のところはわかりませんよね。記事の持っていきたい方向に沿った意見だけ載せているのかもしれません。


おもしろかったのは、「多くの男女を取材する官能小説家の加藤文果氏」の話。イケメンではないのに非常にモテる40代男性に聞いた秘訣を紹介してくれているんです。この中には、薄毛や育毛剤の話も出てくるんですよね。『たしかにそうかもな~』と思ったし、美魔女と絡めた結論にも納得してしまいました。


でもさ。
記事の冒頭にもあるように、イケメンとは言われていない2人だから美肌のために努力してるのかもしれないですよね。それに、努力が成果につながってくると、うれしかったり楽しかったりするんじゃないのかな。そうなると、やめられなくなりますよね。


周りの人によく思われたいというよりも、やってる自分が楽しいからやっているのかもしれません。自分が楽しくて、誰にも迷惑をかけていないんだったら、他の人に何を言われても関係ないですよね。


まぁでも、官能小説家の人が言っていたことを信じて生きていくことにしようかな、私は。そのためには、お腹を引っ込めなきゃいかんぜよ。

この記事へのコメント