AGA服薬894日後 ウィッグを隠しながらの恋愛は、やっぱり難しいのかな

medical_nyugan.png



乳がんステージ4闘病中の恋愛。彼に治療中と言えずウィッグなのも隠して…
https://joshi-spa.jp/856797/91u2ira2qml

という、『女子SPA!』の記事。


乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話」という本の著者さんが、書かれている記事のようです。本の一部なのかもしれないですね。




男でも、恋人にウィッグであることを告白するのはキツイところがあると思います。それでもやはり、女性のほうがその告白のハードルは高いのかもしれません。


ましてや、ウィッグのことを告白するということは、乳がんのステージ4ということも告白しなくてはいけなくなるわけですから、ハードルの数は増えるし、高さも増すしで、かなり厳しい。


そんな彼女は、病気になったことで気づいたことがあったり、恋愛の考え方も変わったりしています。さらに、新しいことにチャレンジし、漫画家やライターになる夢も叶えたそう。


*****
……、辛い反面良いコトがたくさんありました。乳がんを患ったコトで人間として、少し成長できたのではないかと思っています。
*****

と、記事の最後を締めています。


悲しいことや辛いこと、失敗や挫折を経験して初めて気づいたということが、私にもたくさんあったように思います。あの経験がなければ、おそらく一生気がつかないままだったかもしれないです。辛く苦しいことは味わいたくないのが正直なところですが、成長するためには必要ということなのでしょうか。


う~ん、でも、成長しなくてもいいから、つらい思いはしたくないな~。

私がハゲたのも、何かに気づき成長するために必要なことだったのでしょうかね。ハゲなんて、そこまで大げさなことじゃないか。

生きている間は、成長を続けることが重要ってことかね~。
がんばろうっと。

この記事へのコメント