AGA服薬298日後 ウォッカで作る「フレーバード・シャンプー」で増毛する方法

harry_houdini.png
(フーディーニ、アメリカのドラマや映画のセリフでよく出てきます。日本の引田天功みたいな存在かな)







ロシアと言えば「ウォッカ」。
そのウォッカを使った増毛法が薄毛の若者の間で流行っているんだとか。


*****
ウォッカで毛が生えた!ロシアの若者に流行る驚きの増毛法とは? | アサ芸プラス
http://www.asagei.com/excerpt/69433

*****

「ロシアの人、ウォッカって安易だな~」なんて最初は思ったのですが、私も焼酎で自家製育毛剤を使っていたことを忘れてました。日本酒のお風呂に入る美容法などもあるのですから、身近なお酒を利用するのは万国共通なんでしょうね。


このウォッカ増毛法はシャンプーと混ぜるので、育毛剤というより育毛シャンプーになるのかな。半年でフサフサになった人もいるんだって。


どうしてウォッカがいいのかという部分が気になるところ。ウォッカに含まれる高純度のエタノール成分が頭皮の皮脂を分解して、毛根も太くするっていうんですよ。
でも、エタノールって頭皮や毛髪に良くないんじゃなかったでしたっけ? きのうの女性薄毛漫画家さんもそう描いていたような…。


どうやら普通のウォッカではなくて、フレーバード・ウォッカというのがいいみたい。そのフレーバード・ウォッカと育毛シャンプーを混合するのがいいのかも…と書かれています。


私が使っていた自家製育毛剤は、焼酎に柑橘類の皮を漬け込んだものでした。これを教えてくれた人は、この育毛剤でフサフサになったと言ってましたからね。ウォッカで作る育毛シャンプーも効く人には効くのでしょう。


それにしても、ロシアの若者たちに薄毛やハゲが増えているんでしょうか。でも考えてみると、ロシアの人に薄毛やハゲのイメージはないかも。金髪のサラサラヘアーや濃いヒゲのイメージがあるな~。


ウォッカにしても焼酎にしても飲めば血行が良くなるわけで、それが育毛につながることは考えられますよね。寒いロシアでは、いつもウォッカを飲んで身体を温めているイメージもあります。


育毛や発毛の効果がある成分が少しでも入っているのだから、塗っても飲んでも髪が生えてくる可能性はゼロではないということなのでしょうかね。逆に、悪い影響のほうが多く出る人もいるかもしれません。


自家製育毛剤のいいところは、気軽に始められて安上がりってところかな。効果があれば儲けもの、効果がなくても害も少ない。そんなふうに試してみるのも悪くないって感じでしょうか。記事中でも最後に書かれているように、結局は「自己責任」ですね。


まぁこれは、私のAGA治療薬服用にも言えることではあります。取り返しの付かないことになってから自己責任と言っても、もうどうにもならないんですけどね。こう考えると、クリニックや病院に行ったほうが、ある程度相手の責任にできるという点はいいのかもしれません。相手が責任をとるかどうかは別として。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック