AGA卒薬238日目(服薬1502日)エビデンスのある方法で薄毛を改善した医師による正しい薄毛予防法

document_ronbun.png


エビデンスは
欲しいでしょうか?

うざいカタカナ語の
第一位になることが多い
「エビデンス」
という言葉。

使ったことは
あるでしょうか?


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
薄毛に、ワカメや良いシャンプーは効く?AGAをめぐる情報はウソだらけ
日刊SPA!
https://nikkan-spa.jp/1696918
*****

AGAや薄毛、育毛の
世界だけではありませんが、

真偽のわからない情報が
玉石混交
入り交じるようになったのは、

ネットの影響が
大きいのでしょうか。

逆に言うと
ネットのない頃は、

間違った情報なのに
そのまま訂正もされないで
ずーっと残り続ける

ということが
あったようにも
思います。

本日の紹介記事。

登場するのは
花房火月医師です。

当ブログの紹介記事に
何度か登場している先生。

信用できる医師だったか、
信用できない医師だったか、
どっちだったかな?

どっち側の人だったか
思い出せないまま
記事を読んでみました。

ふむふむ。
信用…というか
信頼できる側かも
しれませんな。

花房先生は、

20代半ばから30代前半まで男性型脱毛症(以下、AGA)に悩み、エビデンス(科学的根拠)のある医療法で薄毛を脱した


とあります。

そうなんだ。
自身もAGAに悩んでいたのか。

そして、
「エビデンス」のある
治療法により
薄毛を克服した、と。

この記事では、
次のような質問に
回答しています。

Q1.薄毛に効く食べ物はあるのか?

Q2.頭皮マッサージは薄毛に効くのか?

Q3.なにも対策をせず頭皮が脂っぽいままだと、AGAになりやすいのでは?

Q4.AGAにシリコーン入りシャンプーはNG?

Q5.シャンプー選びを間違えて頭皮が炎症を起こすとAGAを引き起こすのでは?


エビデンスの有無に
基づいて
答えているので
単純明快な印象。

一刀両断のほうが
適当か。


昨日の記事で
湯シャンがダメな理由が
「水と油」だから
というものでした。

油は皮脂なわけですが、
皮脂については
「Q3」が関連します。

Q4とQ5は
シャンプー関連ですし。

Q3の回答は
こういうこと言っている人って
今までいなかったかも。

こういう内容の記事を
見た記憶がありません。

言われてみれば
確かに納得。

まぁね。
昨日は昨日で
なるほどと
思ったわけでは
ありますが…。

エビデンスがない
ニセ情報

はっきりと
断言しているところが
スカッとします。


しかしながら、

エビデンスはないけれど
広く
強く
信じられていること
というものが
たくさんあったり
するわけです。

エビデンスはないけれど
それを
ひっくり返すほどの
逆のエビデンスがない
という場合は、
ニセ情報や
都市伝説が
はびこり続けるのか?

いやいや、

それを正しいとして
金儲けをしている
会社や業界の
パワーが強ければ、

反対のエビデンスがあったとしても
無いものとしてしまう
のかも。

花房医師が
ここまで断言していても、

おそらく
これらを売りにしている
製品も
サービスも、

何の変わりもなく
今日も
明日も
提供され続け、

テレビコマーシャルも
広告も
流れ続けるのでしょう。

消費者は
疑問にも思わず
買い続ける。

だって
テレビでも
ネットでも
良いと言っているから。

効果があるから
そうしなさいって
記事が
たくさん
あるのですものね。


昨日も書いたように、

エビデンスがあっても
信じない人は
います。

エビデンス自体を
信じない。

エビデンスを疑えば
どんなことでも
信じられなくなります。

でも今の世の中、
エビデンスを
完全に
信じることが
できなくなっているのも
事実。

どれだけ立派な人が
言ったとしても、

どれだけ多くの人が
言っているとしても、

本当かどうかが
わからない。

そんな世の中に
なってしまいました。

こういう世の中は
とても
生きにくい。

だからと言って、

みんなが
一つのことだけを
信じている世の中は

それはそれで
危ないのかも。


たくさんの情報に
埋もれて
迷いながら
生きていくしかない
のでしょうな。


そんなことより
今日の記事で
「やっぱりそうか」と
思ったのは、
急速に体重を落とすダイエットは危険

という部分。

私の20代は
無理で無謀で
過激なダイエットに
明け暮れました。

20代の終わりごろから
薄毛が始まったのは
あのダイエット達が
悪かったのでしょう。

トワイエ、

太ったままだったり、
あれ以上
さらに太っていたりしたほうが
髪には良かったと
言うのでしょうか?

どうなんだい。

いつものように
それは
やってみなけりゃ
わからない

という結論に
なるんだけどさ。

太ったままのフサフサか、
今のような薄毛か…

そういう
究極の選択
だったのかもしれない。

いや、
そういう二者択一ではなく、

さらに太って
薄毛にもなった

という三択目も
あったかもしれないわけで。

いやいや、

スリムに健康的に痩せて
フサフサも維持

という四択目も
あったかも。


どれだろうと
やっぱり、

何が正解だったかは
やってみなけりゃ
わからない。

それが
人生なんだ。

たぶん。

この記事へのコメント