AGA卒薬87日目(服薬1502日)オンライン診療よりスマホ診療のほうがわかりやすい

enkaku_iryou_woman.png


新語をすぐに
覚えられるほうでしょうか?

新しい言葉が
急に使われるようになり
戸惑うことがあります。

インバウンド
なんて単語を
突然
よく見聞きするように
なりました。

今でも
その正確な意味は
わかっておらず、
なんとなく
こんな感じだろうという
捉え方です。

流行語はいろいろですが、
新語はカタカナのほうが
多い印象があります。
英語由来という
ことになるのかな。

今回の新型ウイルスでも
いくつも
出てきました。

まぁ、コロナウイルス自体も
そうですが、

クラスター
ロックダウン
オーバーシュート

などなど。

当初は
「なぜ英語なのだ」
という声も
少なくなかった
ように思いますが、
最近は
すっかり慣れてしまったかも。

このあたりに慣れてきたと
思ったところで

今度は、

ニューノーマルだったり、

ついには、

with コロナ

ですよ。

英単語+カタカナという

なんだか
カオスですな。


一方で
新語と呼ぶには
もうすっかり
手垢にまみれたような
古い語句にもかかわらず

人によっては
新語扱いになるのだなぁと
思ったのが
「オンライン」でした。

アフター・コロナ(またカタカナ英語)は
接触を避けるため
オンラインが中心になるやら、
10万円給付は
オンライン申請が早いやら、

オンラインという言葉が
よく使われました。

私の母にとっては、
このオンラインが
まさに新語だったみたい。
意味がよく
わかってないのです。

考えてみれば私だって
オンライン、オフラインが
最初のころは
よくわかっていなかったことを
思い出しました。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
【オンライン診療が4倍増】通院を悩んでいた方がED、AGA治療を始めるきっかけに!個人輸入で未承認薬を購入していた方も手元に届かず・・・・
イースト駅前クリニックのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000052779.html
*****

新型コロナウイルスを避けるため
いつもの通院を避ける人が
増えたことと思います。

小さな病院・クリニックなども
外来患者が減ったと聞きます。

さきほどの
私の母も
コロナ以来
一度も病院には
行かなくなっています。

そんな中、
岩盤規制と言われていた
オンライン初診が
解禁になりました。

また、
薬をもらうだけの
診察をすることなく、
電話で処方箋を薬局に送り
自宅に配送してもらうような
システムも
認められていました。

コロナ前から
オンライン診療が
話題になることも
増えてはいましたが、
まだ限定的だった
と思います。

しかし、
今後は
ますます加速するのでしょうか。
どうなんでしょう。。

で、
今回の紹介記事。

オンライン診療を
「スマホ診」という
呼び方にしています。

これって、良いと思いました。
これだと、わかりやすい。

オンラインの意味が
わからない人でも
スマホ診なら
スマホを使うのだということが
わかりますから。
スマホ診療と
言ってしまったほうが
もっと迷わないような
気もしますけど…。

オンライン申請も
インターネット申請とか
ネット申請、
パソコン申請とかの
言葉にしたほうが
わかりやすいような
気がします。

まぁね。
スマホ診療だと
スマホ以外はダメなのか
なんて思う人もいるからなのか。

パソコンでも
スマホでも
タブレットでもいいよ
って言おうとすると
オンラインになるってことか。

それなら
インターネットや
ネットで
いいと思うけど
オンラインが
使われるのは
どうしてなんだろう。

トワイエ、
初診が
オンラインだけでいいものは、
限定されるような気もします。

患者側としても
しっかり診てもらいたい
という気持ちがあります。
詳しいことを
確認していませんが、
なんでもかんでも
オンライン初診がオッケー
ということでは
ないはずでしょう。

AGAやEDは
オンライン診察のほうが
いいかもですが。

この記事へのコメント