AGA服薬1006日後 カツラがメガネになれる日は来るのか…?

me_niha_me_wo.png


ICL受けてきました@山王病院アイセンター【+体験談まとめ】

という、若ハゲ番長さんの記事。
https://goo.gl/Q92Qv3


若ハゲ番長さんが「受けてきた」というのですから髪の毛関係の何かかと思ったのですが、『ICL』というのは「視力矯正手術」のことなんだそう。


視力矯正手術といえば、「レーシック」が一時期ブームでしたよね。私も近視なので、『レーシックを受けたいな~』と考えたことだけはあります。メガネやコンタクトレンズは面倒だしお金がかかるし。無ければ無いほうがいいですもんね。


ICLがどのような手術で、どのくらいの費用がかかるのか、手術前・手術後がどんな感じなのかは、若ハゲ番長さんの記事を読んでいただきましょう。レーシックと比較した、メリット・デメリットなんかも出ています。


若ハゲ番長さんが比較検討してICLを選択したのですから、レーシックよりICLのほうが良いのでしょうね。ただ、私が気になるのは「老眼」になったらどうなるのかってこと。


若ハゲ番長さんはまだお若いはずなので、老眼は検討要素として含まれていなかったのではないかと思います。ずっと近視だった私もこの年齢になると、老眼というのか遠視というのか、近視とは違う目の不自由さが出ています。こういうのに対して、ICLやレーシックはどうなんでしょうね。


まぁどちらにしても、この年齢になってしまえば、もう視力矯正手術のようなものは受けようとは考えないかな。白内障とか緑内障とか、そういう心配のほうが増えるのかもしれませんね。


トワイエ、目が悪ければメガネやコンタクトレンズなどで視力矯正ができます。同じように薄毛を矯正するためのメガネやコンタクトレンズのような役割と言えば、カツラやウィッグということになるんでしょうかね。


カツラやウィッグが、眼鏡のような存在になりさえすればいいんですよね。誰でも気軽に使える、オシャレな小道具になってくれればいいんだけど。女性の化粧のような存在でも、いいのかな。


カツラがメガネになれる日は来るのか…?

この記事へのコメント