AGA服薬1315日 カツラやウィッグは嘘つきなのか?

hair_katsura_tobu (1).png


受け入れることが、なかなかできない…ということは誰にでもあると思いますし、これまでの人生において何度もあったのではないでしょうか。大なり小なりね。


素直に受け入れられないことをどうにか受け入れるために、それを「運命」だとして受け入れようとしますよね。だって、そう考える以外にないのですもん。理由も原因もなく起きてしまうことは、運命としか考えられない。
理由や原因がはっきりしているもので、それが自分のせいであったとしても、『そういう運命だったんだ』と思うしかないケースもありますよね。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。


*****
「ハゲも運命だと受け入れて」 薄毛に悩む30代男性に、自己防衛おじさんが送った言葉
Jタウンネット 東京都
https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/293150.html?p=all
*****

「自己防衛おじさん」というこの方は、有名な方なのでしょうか? 占い師の鉄平さんという方みたい。Google 日本語入力の変換候補にも出てくるということは、有名人なのでしょうね。写真の人が本人でしょうから、ハンサムさん。


たしかに、薄毛は運命として受け入れるしかないですよね。自分に原因があったとしてもなかったとしても、そうなってしまったものは運命として受け入れるしかない。


でも、少し引っかかってしまったのが、このあたり。

*****
例えるなら、嘘は一度つくと、付き続けなければならず、最終的に辻褄が合わなくなってくるようにカツラも同じ。被り続けるストレスやバレてしまわないかという精神的な圧迫感は、人の性格をも変えてしまい言動すら挙動不審にさせてしまいます。
*****

たしかに、そう。カツラをかぶるとそうなってしまうとは思うのですが、「嘘をついている」と言われるとなんだか傷ついてしまう感じ。隠しているのだから嘘ということになるのかもしれませんが、コンプレックスを隠さざるを得ない場合を嘘と言われるのは、辛いかも。


カツラやウィッグが薄毛対策の最強なのではないかというのが私の気持ちであることは、最近ここで書いています。隠していると記事のようになってしまうので、周りの人にはオープンにしてカツラやウィッグを付けるのが良いのではないかと考えていました。で、いろいろな種類をとっかえひっかえし、オシャレ感覚で楽しむのがいいのではないかとね。
知らない人の前や公の場所などでは不自然さがバレたり、隠そうとすると挙動不審になるかもしれませんが、そこまではコントロールできません。それは仕方ないでしょう。


美容整形なども、嘘をついている行為とされる感じがありますかね。最近はオープンにする人も増えている印象ですが、それでも賛否あるのかな。
お化粧などは、嘘とはあまり言われませんよね。すっぴんの顔があまりに違う場合は「詐欺」なんて言われたりするかもしれませんが、化粧を嘘と言うことはないような。これは、たくさんの人が普通にしているからでしょうか。
メガネを嘘と言う人は、おそらくほとんどいませんよね。「視力が悪いならそれを運命と受け入れて、メガネなんてするな」とか言う人は、いないと思います。視力が悪いと不便で危険だからそう言わないのでしょうか? そういう部分もあるけれど、メガネをする人が多いし、昔からそうしてきたからという部分もあるのでしょう。
歯列矯正だって、同じかも。


では、どうしてカツラだけが嘘だなんて言われるのか?
隠して嘘をついたり、挙動不審になってしまうからなのかもしれませんね。化粧やメガネのような存在になれば、嘘をついたり、挙動不審になったりする必要はありません。そうなれば、嘘と言われなくなるはず。ということは、カツラやウィッグをつける人が増えて、当たり前の普通のことになればいいってことなのかも。


ん? 違うか?
薄毛の人が隠さなくてもいい世の中であることが、本当は理想なんですよね。
気にしない人は気にしないのだから、おそらく世の中のほとんどはそういう世界なんでしょうけど、気にする人は気にするわけで…。


でもまぁ、なんとなく最近は薄毛は隠さなくてもいいという流れになっているし、バカにしたり笑ったりしてはいけないという感じにもなってきているような感じもするけれど。
どういう運命になっても、受け入れるしかないですもんね。

この記事へのコメント