AGA服薬1462日 ギグスほどのレジェンドからでも自信を奪う薄毛という悪魔

akuma_shadow.png


秘密は、おありでしょうか?

人に言えない秘密というものは、誰にでもあるのではないでしょうか。


でも、どうなんですかね。
結婚している人は、パートナーに隠していることは無いという人もいたりするのでしょうか。


ものすごく大きなことというわけじゃなくても、どうしても人に知られたくない秘密ってあるんじゃないのかな~。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
長年秘密にしていたギグス“最大の敵”を告白「雨の日は試合に出たくなかった」
リーガエスパニョーラを現地から!スペインサッカー専門サイトSPORT.es/スポルト
https://sport-japanese.com/news/id/28259
*****

サッカー「イングランド・プレミアリーグ」のビッグ4(今でもビッグ4?)である「マンチェスター・ユナイテッド」に所属していたレジェンド『ライアン・ギグス』の記事が、私の薄毛情報アンテナに今朝は2つも捉えられました。ギグスは薄毛のことをかなり深く悩んでいたようで、今まで秘密にしていたことを告白しているのです。マンUで植毛と言えば、ウェイン・ルーニーが有名ですが、ギグスも植毛していたというわけですね。


有名人は、やっぱり気になりますよね。たくさんの人に見られる仕事だし、サッカー選手だとプレッシャーもキツそうだし。
チームメイトに何気なく言われた言葉や、周囲にからかわれたことにも傷ついていたことがわかります。

*****
2009年増毛手術や2011年にはレーザー治療、育毛シャンプーやマッサージ治療など、薄毛治療に約400万円を費やしたギグスは、最終的に2017年に大掛かりな髪の移植を行うことを決定した。

その手術は今まで彼の秘密として守られてきた。
「その手術は簡単なもので、約半日で終わった。当時人々からはそれまで以上にジロジロ見られたよ。事実、私は誰にもこのことを知らせなかったんだ」
*****

約3年間で400万円も薄毛治療に使ったということにも驚きますが、その後6年経って髪の移植手術をしたことになります。2017年だから、ほぼ最近か~。


このあと、手術のことについて書かれているのかと思いきや、この記事はここで終わっているではないですか。なんてこったい。


…で、もう一つの記事です。
こちらの記事と合わせることで、やっと完結する感じがします。

*****
ギグスが真剣に提言「自信をつけるために、毛を増やせ」
https://qoly.jp/2020/01/20/ryan-giggs-talked-about-hair-transplant-kgn-1
*****

*****
『The SUN』によれば、ギグスは2009年からヘアクリニックを訪れ、レーザー治療や特殊なローション、シャンプーで発毛を促進してきたとのこと。

そして2017年には「育毛を加速させなければいけない」と考え初の手術を受けた。それがチェシャ―にある『MHRクリニック』という病院だった。

ギグスはその結果に感銘を受け、昨年12月にこのMHRクリニックをパートナーらとともに買収した。

そして、あの英国人の名審判マーク・クラッテンバークもギグスのクリニックで治療を受けていたのだ。その効果を見よ…。
*****

植毛手術を受けたクリニックを買収しちゃったということは、よっぽど良い治療だったという証明になるのでしょうか。それとも、秘密がバレないようにしたかったのか。はたまた、これは儲かるぞと考えたのか…。
どちらにしても、「やって良かった」ということではありそうです。


*****
以前は、自信をつけるための手段を持っていたのは女性だけだった。しかし今は男性も同じようになっていると思う
*****

ギグスは最後にこんなふうに言ってますけど、ギグスほどのレジェンドから自信を奪うなんて、薄毛は悪魔のような存在ですな。

この記事へのコメント