AGA卒薬167日目(服薬1502日)コロナ抜け毛にウィズ薄毛、アフター薄毛…薄毛とともにあらんことを

rainbow_bridge_night_alert.png


カタカナ語に
付いていけてます
でしょうか?

なんでもかんでも
カタカナで表現することが
増えていたところに来て、

新型コロナウイルスにより
ますます
カタカタが増えた昨今。

今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
自毛植毛|【ウィズ抜け毛時代】コロナ禍における薄毛治療を考察する
BEST TiMES(ベストタイムズ)
https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/616206/
*****

日本語で良いところを
英単語で言い換える表現。

あのカタカナによる言葉を
なんと呼べばいいのかと
調べたところ、
「カタカナ語」と
呼ばれているようです。

そのままやないかい。

本日の紹介記事は
タイトルからして
そのオンパレード。

タイトルやオンパレードは
英語から来た外来語で
カタカナ語ではないのかも。

ハンドルとか
バックミラー、
フロントガラスとかは
和製英語で
カタカナ語には
入れないのかも。

紹介記事のタイトルに戻ると、

ウィズ抜け毛時代、
コロナ禍。

サブタイトルには、

コロナ抜け毛。

記事を読めば、

ウィズ薄毛に
アフター薄毛

などが出てきます。


私の記憶が正しければ、
政権を獲った民主党が
カタカナ語を
多用するようになったような。

自民党が政権を
奪い返した後も
その傾向が続いている
という印象。

そして
カタカナ語とともに
登場したのが
小池百合子氏という感じ。

今回のコロナでも
小池都知事が
カタカナ語を多用したという
印象を抱く人が
多いかもしれません。

目立っていただけなの
でしょうけど。


まぁそもそも
コロナ自体が
カタカナでした。

ウイルスは
以前からあったので
だいじょうぶだったでしょう。

順番的に次は、
パンデミックかな。
これは初耳だった人が
多かったのかも。

その後は、
クラスターあたりでしょうか。
初めは戸惑ったクラスターも
今ではもう
普通に使う人がほとんど。

同じ頃に出たのが、
オーバーシュートとか
ロックダウンとか
でしたでしょうか。

このロックダウンを
唐突に言ったのが
小池都知事だったはず。

小池さんは
もともと
カタカナ語を
多用する人でした。

東京アラートなんかも
そうでしょう。

その一方で
最大のヒットは
「密です」
だったかも
しれませんが。

ステイホームは
欧米で使われ始めていましたが、
日本で広めたのは
これまた小池さんかも。

ソーシャルディスタンスも
欧米から
そのまま入ってきたので
カタカナ語というよりは、
外来語が正確だったりするのかな。

紹介記事で使われている
ウィズ抜け毛や
ウィズ薄毛は、
ウィズコロナの転用
という感じでしょう。

ウィズコロナも
欧米で使われていたものを
小池さんが
すぐに使ったという印象。

日本で広まる前に
そういう言葉を
いち早く使う
というのが、
小池流なのかもしれません。

小池さんが
使い始めた
という印象になります。

海外で使われているものを
日本で広まる前に使う。

さすが、小池さん。


新しいカタカナ語が
次々と出てきて
覚えるのが大変。

覚えるのは
大変ですが、
カタカナが苦手
という人もいますよね。

カタカナを読むのが苦手で
うまく読めない人は
けっこういるような。


カタカナ語ばかり増えるのは
辟易とする気持ちがあるものの、

日本語にはまだ
存在していない概念
というケースは
そのまま使うしかない
ところがあります。

また
日本語に訳してしまうと
堅すぎたり
大げさになったりするので
それを避ける意味があるのかも。

感染爆発、
都市封鎖だと
なんだか大げさだし、

社会的距離だと
なんか違いますもんね。

単純に
カタカナだとカッコいい
と感じる人も
まだまだ多いのかな。

若者受けを狙う人たちが
好き好んで
カタカナ語を使っているような
気がすることころも
ありますけど。


こんなことを思いながら
今日の紹介記事を見ると、

カタカナが
思っている以上に
たくさんあります。

こういうのって
外国でも
そうなのでしょうか?

いゃ~
ここまで
カタカナが多いなんて
あらためて
びっくり。


でもそう言えば、

昔は
ひらがなではなく
カタカナが
使われてませんでしたっけ?

昔と言っても
ほんの
数十年前では?

戦前なのか
明治大正時代なのか、
教科書の文章が
カタカナだった写真が
思い出されます。

「雨ニモマケズ」だって
カタカナですよね。

昔は
カタカナだったの?

でも違うか。

源氏物語などは
ひらがなが
筆で書かれてましたよね。

雨ニモマケズのころだけ
カタカナでの表記
だったのかな。


それにしても、

コロナ抜け毛は
数ヶ月前に
バズっていたわけですが、

紹介記事の
*****
「ウィズ薄毛」の過去から「アフター薄毛」の未来へ
*****
これって何?

そうか。

ウィズ薄毛というのは、
薄毛とともに生きている
状態のことか。

アフター薄毛というのは、
自毛植毛をして
薄毛じゃなくなった生活
ということね。

アフターだと
対するのは
ビフォーではないの?

ビフォー・コロナ
アフター・コロナ。


ウィズの対義語はなんだ?
without か。

ウィズ・コロナ
ウィズアウト・コロナ。

ポスト百恵ってのがあったけど
ポストの反対はなんだっけ?
プレか。

プレ・コロナ
ポスト・コロナ。

ん?
プレじゃなくて
プリなの?

プリ・コロナ。

プリだと
プリプリ怒っているみたい。

こんなこと言ってたら、
いつまでも終わらなくて
怒られそうなので、
終わりにしよう。

May the force be with you.
フォースとともにあらんことを

薄毛とともにあらんことを。

この記事へのコメント