AGA卒薬168日目(服薬1502日)コロナ抜け毛対策は「天皇の理髪師」のゼログラムタッチ

shampoo_boy.png


「わかった」と
そのときは思うのに
その次になると
忘れてしまっていることは
ありませんか?

そういうことは
誰にでもあると思うのですが、
どうでしょう。

今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
コロナ抜け毛対策に!「天皇の理髪師」語る伝統の頭皮ケア術
女性自身
https://jisin.jp/domestic/1884202/
*****

「天皇の理髪師」
と言われる
大場隆吉さん。

このコロナ禍においても
よく名前を
見かけることがありました。

たしか、
ご自身のヘアサロン「OHBA」で
メール相談だったかを
スタートさせたはず。

いわゆる
「コロナ抜け毛」などで
悩んでいる人の
相談サービスを
5月くらいに開始して、
プレスリリースも出していたと
思います。

1882年創業というのですから
すごい。
明治15年だそうです。

大場さんの記事は
もう4、5回ほど
読んでいるような。

そのたびに、
『そうか、そうか』と
正しいシャンプー方法を
理解した
つもりになるわけです。

ところがどっこい、
お風呂で
頭を洗う頃には
そんなことを
忘れてしまっている
のですよ。

思い出しもしないという、ね。

これは
どういうことなのか?

おそらく
本気でやってみようとは
思っていないのかも
しれませんな。

本当に実践してみようと
思っていたら、
忘れないのでは
ないでしょうか。

良さそうとか
やってみようとか
そんなふうには
実際に
思っているのでしょう。

でも
本当にやるつもりが
あるのかどうか…。

シャンプーは
爪を立てずに
指の腹で洗う

というのは、
かなり前から
言われている方法です。

私も
それを知ってからは
指の腹を使うように
しています。

しかーし、

大場さんの
「ゼログラムタッチ」という方法は
私がやっている方法と
大きく違うのです。

私は
指の腹を使えばいいのだろうと
指の腹で
ゴシゴシ洗っていました。

いくら指の腹だとしても
このゴシゴシ洗うのは
ダメみたい。

ゼログラムタッチと聞いて
アダムタッチを
思い浮かべてしまいましたが、
指の腹を
やさしいタッチで使うところは
共通しているのかも。

むむむ。

指の腹には
何かあるのかも?


はっ、思い出した。

そう言えば、
昨日の入浴時に
少しだけ
このゼログラムタッチを
やってみたんだった。

偉いぞ、自分。

きちんと
思い出したではないか。

まぁ、
やってみたのは
2回くらいでしたけど。

大場さんの方法は
髪を洗うとか
頭皮を洗うとかではなく、
頭皮マッサージみたいな感じ。

これでも
髪や頭皮は
キレイに洗えるのでしょうか?

って、そもそも
髪や頭皮を
洗う必要はないのだったりして?

今回の紹介記事には
髪や頭皮の洗い方については
書かれていませんから。

以前の記事には
書かれていたんだったかな…?

よし。

次の湯シャンのときにも
ゼログラムタッチを
忘れずにやるぞ。

もう少し長く、ね。

この記事へのコメント