AGA服薬715日後 ゴールデン毛包賞受賞おめでとう

syougatsu_fujisan.png



あけましておめでとうございます。
2018年も、よろしくお願いいたします。

お正月の元旦ということで、おめでたいニュースにしましょう。



世界的な米国のヘアメディカルソリューション ボズレーメディカルグループ エプスタイン医師 国際毛髪外科学会よりゴールデン毛包賞を授与

という、アデランスのプレスリリースが12月26日に出ていました。



ボズレーメディカルグループというのは、米国最大のヘアトランスプラント(毛髪移植)サービスを提供しているんだって。そのグループにいるエドウィン・エプスタイン医師が、国際毛髪外科学会の『ゴールデン毛包賞』を受賞したことを伝える記事です。



国際毛髪外科学会というのは、ヘアレストレーション(毛髪回復)の科学的、技術的発展に貢献するため、特定非営利活動法人として1993年に設立された非営利医療団体なんだとか。



どうしてアデランスがこれをプレスリリースしているのかというと、ボズレーメディカルグループはアデランスのグループ企業なんだそうです。



*****
エプスタイン医師は現在、けがによる傷や火傷、先天性疾患のある患者に対して無料の手術を行う機関で、再生手術の無料奉仕活動委員長を務めています。最近では、頭皮の一部に小さな先天性疾患を患っている12歳の男の子に対して、リッチモンドにあるボズレーのクリニックで手術を行いました。
*****

無料で手術をする機関があるのですね。そこの委員長なのか~。



それにしても、「ゴールデン毛包賞」という命名は、だれがしたのでしょう。受賞歴を見ると、「プラチナ毛包賞」というのもありますよ。「毛包賞」という名称は、ゆずれないのでしょうか。どうしてそこまで「毛包」にこだわるのか。



ゴールデングラブ賞とかゴールデンスラッガー賞とかならカッコいいけど、ゴールデン毛包賞ってどうですか?



でもまあ、エプスタイン医師が「同僚、仲間から認められることは、プロフェッショナルとして最高の功績です。そして、国際毛髪外科学会から賞を受賞することは、大変名誉なことです。」とコメントしているということですから、私がどうこう言えることではありませんよね。



エプスタイン医師が持っているトロフィーのようなものは、毛包や毛髪、毛根がモチーフでしょうかね。そんなふうに見えます。



この記事へのコメント