AGA服薬1017日後 ジェネリックは先発医薬品と効能や副作用が同じだと思っていたが

medicine_generic.png


秋津壽男“どっち?”の健康学「先発医薬品とジェネリックはどっちにすべき?金額にも差があるが効能や副作用の出方に差が」

という、『アサ芸プラス』の記事。
https://www.asagei.com/excerpt/114743


私が服用しているフィンペシアは、ジェネリック医薬品。プロペシアのジェネリックということになるんだったかな。フィンペシアと同じ海外製では、「エフペシア」「フィナロ」などもジェネリック。国内製造の承認薬として、「ファイザー」「サワイ」「トーワ」「クラシエ」「SN」「武田テバ」などがあるようです(知らぬうちに、増えているような…)。


ジェネリックは先発医薬品より安くて同様の効果が得られるから、財布にやさしくてありがたい。こんなふうに思っていました。AGA治療薬に限らず、いろんな病気の治療薬として使われています。厚労省も全体の8割をジェネリックにしようという目標を立てているそうですから。


ところがどっこい、ジェネリックのすべてがいいとは言い切れないと秋津壽男医師はおっしゃっています。記事を読むと、なるほどとそうかと思わざるをえませんね。ましてや、フィンペシアなどは海外製。どこか信じきれないところが、無きにしもあらず。まぁ、日本も偽装やデータ改ざんが横行していて他所のことを言えませんけどね。


秋津先生は、こんなふうにまとめています。

*****
 つまり、答えは「財布に余裕があるなら新薬」「安く財布の負担を減らしたいならジェネリック」となります。まずは数週間ほどジェネリックを使ってみて、合うか合わないかを試してください。また、ジェネリックは1つの製品で10社前後が参入していますので、合わないなと感じたら別のジェネリックを使ってみるのも一つの手です。薬選びは浮気していいのです。
*****

プロペシアのジェネリックもたくさんあるので、合わないようなら他のに浮気したらいいというわけか。私の場合はフィンペシアで効果が出ていると思っているけど、ミノキシジルタブレットも併用しているから、どこまでがフィンペシアの効果なのかを線引きすることは無理。


ん?

ミノキシジルタブレットと言っているけど、こちらもジェネリックを飲んでいるはず。私のは、ノキシジルですね。ロニテンというのもあったかな。


もしかすると、ジェネリックじゃないほうが効果があったりするかもしれないわけか。お金に余裕がある人は、ジェネリックじゃないほうを使うんだろうな~。お金のある人は、ちゃんと病院やクリニックで診察を受けるだろうしね。効果もテキメンというわけか。


あ!

そろそろ新しい薬を注文しなければ。
また、ジェネリックですけどね。

この記事へのコメント