AGA卒薬111日目(服薬1502日)スキンヘッドからフェロモンを放出させる薄毛セレブ5人

pose_pien_uruuru_woman.png


辛酸をなめたことは
あるでしょうか?

辛く苦しい思いをすること。
酸いも甘いもではなく、
「辛い」と「酸っぱい」…か。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
【辛酸なめ子の妄想レッスン】実はかっこいい、ハゲ男子…胸キュンポイントを分析!
ココロニプロロ
https://cocoloni.jp/culture/1372847/
*****

辛酸なめ子さんのことは
あまり詳しくないのですが、
読売新聞のコラムは
たまに読みます。

*****
今回のテーマは「かっこいいハゲセレブ」。薄毛の男性は男らしい魅力にあふれているらしい…ということで、薄毛イケメンセレブを調査していただきました。
*****

ということで、
登場しそうな顔ぶれは
おおよそ
予想がつく……

かと思いきや、

この手の記事で
常連ではない人の名が2人ほどあり
少し新鮮でした。

最後のまとめ「なめ子'sジャッジ」は、
星4つ。
『スキンヘッドから感じるフェロモン…』
とのコメントが。
高評価ということでしょうか。

さらに、
こうあります。

*****
それぞれ写真を眺めていると頭部の形が何かの象徴のようでエロさが伝わってきます。男性そのものといってもいい存在感で、眺めるだけで女性ホルモンが活性化しそうです。
*****

そうでした、そうでした。
そういうふうに見えることが
ありますよね。
なぜだか、そのことは
忘れていたかも。

女性も同じように
見えていたわけですな。

それなら髪を下手に残すより
スキンヘッドにしてしまったほうが、
女性を刺激できると
いうことなのでしょうか。


さらにさらに、
こう続きます。

*****
ただし、あんまりにも興奮しそうになったら、日本の美しいスキンヘッドのお坊さんのことを思い浮かべると良いかもしれません。ギラギラしたテストステロン系セレブの方々と対極にあるような存在で、お坊さんは心を沈静化させてくれます。スキンヘッドの陰と陽のエネルギーで、ホルモンをコントロールしたいです。
*****

不思議です。
お坊さんがスキンヘッドであることも、
私は意識の外に行っていたようです。
坊主頭と言うくせに、
どういうわけでしょう…。

お坊さんのような
尊い人たちが
坊主頭なのですから、
どうして
薄毛を恥ずかしく思う
必要があるのか。
尊い頭ということに
なってもよいはずなのに。

冒頭のイラストは
辛酸なめ子さんならではのタッチで、

添えられている文章も
おもしろい。

*****
スキンヘッドのセレブは
バイタリティがありブレ
ないイメージです

人間の髪には念や
生霊がまとわり
つくと聞いたことが…。
彼らが身軽なのは髪が
ないからかもしれません
モテる男はスキンヘッドに
したほうが安全です
*****

最後の「安全です」は
どういうことなのか。

モテる男は
生霊が
髪にまとわりついたせいで
薄毛になってしまうのか。

生霊が
まとわりつかないようにと
何らかの力が働いて
スキンヘッドに
なるのか。


「辛酸をなめる」って
「舐める」でも間違いではないけれど
「嘗める」が正しいようです。

舐めるだと思ってました。
嘗めるなんて
書いたことはないし、
見たこともないような。

新嘗祭で見かけることがある
漢字かな。

辞書では
舐めると併記されている
ものもあるので
ほとんど同じ意味と用法
なのでしょう。


辛酸を嘗めるような経験は
私もしてきたつもりではいるけれど、
本当の辛酸を嘗めた人と比べれば、
大したことはないのかも。

私の場合は
自業自得なところもあるし。

辛酸なめ子さんは
辛酸を嘗めるような経験ばかりだったから
この名前にしたんですかね。


お金持ちで
地位も
名誉もある
薄毛セレブだけ並べれば、
そりゃあ
女性ホルモンも活性化するでしょう。

貧乏で
地位も
名誉も
なんにもない
薄毛ノンセレブでも
女性ホルモンを活性化させることは
可能なのか?

薄毛ノンセレブは
髪がなくても
生霊がまとわりついている気が
我ながら
しないでもありませんから。

この記事へのコメント