AGA服薬156日後 スヴェンソン式頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージをがんばる
育毛効果があると言われているのが「頭皮マッサージ」です。私も気づいたときには頭皮マッサージをするようにしています。しかし、いろいろな方法があるので、どの方法がいいのかと迷うこともないわけではありません。で、結局、自己流の頭皮マッサージになっているところもあります。まぁ、やらないよりはいいだろうってことで、気休めレベルかもしれませんね。


頭皮マッサージのやり方がたくさんあると言っても、そんなに言うほどの違いがあるわけではないですよね。基本的には頭皮をやわらかくして血液の流れをよくするためにやるという部分は共通しているはずです。


やくみつるさんや松木安太郎さんでおなじみの「スヴェンソン」が提唱する頭皮マッサージが紹介されていましたのでシェアします。

1日5分でOK!薄毛に効く頭皮マッサージ|@DIME アットダイム
http://dime.jp/genre/260923/1/


1日5分でよいのは楽ちん。1回5分ということだから、1日に何回もできそう。ちょっとした空き時間に、こまめにやるのもいいはずですよね。

髪も体の一部。血液からの栄養分で成長し、再生される。頭皮が張っていると、血管は圧迫され、十分な血流は得られず、抜け毛を促進させてしまう。頭皮が動くように、マッサージすることが、髪のためになるということを覚えておこう。


ミノキシジルは血管を広げて血流を多くする(良くする?)血管拡張薬です。頭皮マッサージも同じ効果を狙っているわけで、副作用がないぶん頭皮マッサージのほうが安心とも言えます。ミノキシジルタブレットは全身の血管に作用しますから、全身の毛が濃くなります。頭皮マッサージならば、頭髪だけが濃くなるはず。さらに、お金もかからないですしね。メリットが多い。っていうか、メリットしかないのかも。


こうして考えてみると、頭皮マッサージのことをもっと重要視してもいいかもしれません。軽く扱いすぎていたことを少し反省。がんばって頭皮マッサージをやるようにしたら、ミノタブと同程度の効果が出たりするなんてことは期待できないのでしょうか? 副作用の心配もないし、体毛が濃くなることもなく、その上、費用はタダだし、言うことなしな存在なのかも。


よし!

今はミノタブを飲んでいないのだから、これまで以上に頭皮マッサージをがんばることにしよう。気の向いた時だけでなく、取り組む時間をきっちり決めて臨むべきだな。

「頭皮マッサージでミノタブいらず」

これを目指そう!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック