AGA卒薬83日目(服薬1502日)テレワーク・リモートワークで薄毛になる人が増える?

zaitaku_telework_man.png


パソコンを使う仕事でしょうか?

新型コロナウイルスによる
緊急事態宣言で
在宅勤務になった人が
多くいたと思います。

リモートワーク、
テレワークなどといわれる
勤務形態になりました。

リモートワークや
テレワークと呼ぶのと
在宅勤務というのでは、
なにかが違う印象。

おそらく、
パソコンやスマホなど
ネット回線を使うのが
前者でしょう。

書類を自宅に持ち帰り、
処理したら
それをまた会社に持っていく。
こんな感じを
在宅勤務の呼ぶのかも。

まぁ、
そこまで厳密ではなく、
在宅勤務を
リモートワークやテレワークと
呼ぶようになった感じ
なのかもしれません。


そんなテレワークを
経験した人たちの
6割強が
新型コロナが収束した後も
テレワークを続けたいと
考えているそうです。

通勤しなくていいのですから
体力的には楽ちんですし
通勤時間を他に活かせます。

そもそも
会社に行く意味は
あったのか?
ということに
気づいてしまった人が
多く出たのかも。

とは言っても、
自宅が
テレワークに対応していない
ということもあるでしょう。

また
テレワークが
絶対に無理な仕事
というものも
たくさんあります。

そういう仕事を
してくれている人のおかげで
私たちが生活できている。
生きていくために
不可欠な部分を
担っているのが
テレワークが無理な業種
だったりするのかも
しれません。

そういう人たちは
緊急事態宣言の最中も
不安な気持ちを抱えながら
電車やバスで
通勤していたりしたのでしょう。

緊急事態宣言が
全面解除になるものの、
これからどうなるか。
まだ
わかりません。

どうなっていくのでしょう。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
テレワークは要注意?!パソコン作業が薄毛を引き起こす理由とは
頭美人
https://www.atama-bijin.jp/hair_care/hair/hair_loss/remote_work_thinning/
*****

テレワークになったから
パソコン作業が増えた
というケースは
あまりないような
気もします。

もともと
パソコン作業の仕事だったのでは
ないのかな。
だから
テレワークへの移行が
できたのでは。

っていうか、
会社の社内で働く
事務の仕事をしている人で、
パソコンを使わない人って
どのくらいいるものなのか?

私が勤めていたのは
システム開発と管理をする
会社だったので
朝から晩まで
パソコン画面を見ていました。

今は会社勤めではありませんが、
朝から晩まで
パソコン画面を見ているのは
変わりません。

こういう仕事しかしていないので
他の会社が
どういう感じで
働いているものなのか
ぜんぜん知らないのです。

当然、
仕事内容によるとは思いますが、
パソコンを使わない事務仕事は
どのくらいあるのかな。


朝から晩まで
バソコン画面を見ている人が
みんな薄毛になる
なんてことは、
当然ながら
ないわけです。

仕事だけでなく、
ゲーム好きな人だって
パソコンやスマホの画面を
長時間見ているわけで、
そういう人たちも
みんな薄毛かというと、
そうではないでしょう。

パソコンで
仕事をするようになった時代と
その前の時代で
薄毛率が高くなったのかどうか。

パソコンで仕事をする人と
パソコンを使わない人とで、
薄毛率が違うのか。

そんな研究は
されているのかな。

どうなんでしょう。


トワイエ、
パソコン作業で
目が疲れるのは
すごいです。
肩や首、腰なども
固まります。

これだけでも
体に良くないことは
明白かも。

昨日の私は、
お尻まで痛くなったし。

気づいたときに
立ち上がり
ストレッチ的な動きを
しています。

紹介記事によると、
眼の疲労を回復するためには
多くの栄養素が必要なんだって。
そのせいで
頭皮にまで栄養が
行かないらしい。

首や肩が凝ると
血流が悪くなって、
これまた
頭皮へ悪い影響が
あるとのこと。

『それなら
みんな
薄くなりそう』

って思うわけですが、
どうして
他の人は
薄毛にならんのじゃ?

うん。
人と比較してはいかん。
人は人。
人のことを
気にしても
しょうがない。

薄毛になる人もいれば、
そうならない人もいる。
ただ
それだけのこと。

薄毛だからダメ
ということでは
ない。

そんなことより
目の疲れだ。
首と肩のコリだ。
これをどうにかしなくては。

これらの対策が
薄毛改善にもつながる
かもしれないのだから
一石二鳥、
一挙両得。

一粒で二度美味しいのは、
お得でうれしい。

定期的に
休憩しながら
がんばりましょう。

この記事へのコメント