AGA卒薬95日目(服薬1502日)ノープーと湯シャンは別物だった?

hair_treatment_woman.png


ノープーと言えば?

湯シャンのことだと
思ってました。

シャンプーを使わずに
洗髪するから
ノー・シャンプーで
ノープー。

そう思っていたけれど…。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
第19回 ノープー - 化粧品業界人必読!
週刊粧業オンライン
https://www.syogyo.jp/column/2020/06/post_027719
*****

記事によると、

*****
 「ノープー」とは「ノー・シャンプー」の略語として、日本ロレアルが2016年9月に発売した新製品「エクストラオーディナリーオイル ラ クレム ラヴォン」で打ち出したもの
*****

なのだそう。

湯シャンと呼ばれていたものが、
ある時から
ノープーと呼ばれることも
増えてきました。

*****
「シャンプーの時代は終わった」「ノーシャンプー革命」というセンセーショナルな言葉を用いた同社のマーケティングの上手さがクチコミの拡大に拍車をかけています
*****

そういうことがあったのか。


でもやはり、
ノーなのだから
シャンプー的なものを
使わないことを指して欲しいような。
そんな気も
しないではありません。

カロリーオフ、
カロリーレスなどの
言葉が出てきたときも、
「カロリーゼロじゃないんかい」と
思った記憶があります。

閉店セールやってたのに、
また開店してるやん!
なんてこともあるそうな。


むむむ?
でも、待てよ。
ノープーがおかしいのなら、
湯シャンだっておかしいか。

お湯だけで洗い、
シャンプーを使わないのだから、
シャンを使う表現は
同じように
おかしいことになるのでは。

洗髪のことも
シャンプーと呼ぶから
こうなるわけか。

ならば、
ノープーも
おかしくありませんね。


ん~、でもさ。
ノーはゼロで
全否定な感覚。
洗髪はしているのだから、
ノーではないような。

あれ?
ノープーって、
ノーシャンではないのか。
もしかして、
シャンとプーには
別々の意味があったりするのかも。


ノープー=(イコール)湯シャン
だと思い
使ってきたけど、
これからは
区別して使用します。
忘れなければ。

この記事へのコメント