AGA服薬452日後 ハゲも同じでは? ハゲを悩まない、ハゲを恥じないことで…

cut7_biitban-736x491.jpg


ハゲや薄毛に関する記事ではなく肥満やダイエットに関する記事なのですが、ハゲについても同じなのではないかと思ったのでご紹介します。



*****
太っていると本当に体に悪いのか 画期的研究「悩まないデブは健康」 : J-CASTヘルスケア
http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/07295077.html?p=all
*****



この記事にある「肥満」という単語のすべてを「ハゲ」や「薄毛」に変換しても、そのまま普通に読めちゃいそうな気がします。「体重」は「頭髪」とか「毛髪」とかに変換すると良いかも。



まぁ肥満に関する内容なので、結論部分はハゲや薄毛には該当しないのはしょうがないし、運動についても同じです。でも、「肥満者を見下す風潮は逆の効果をもたらす」「肥満は恥ずかしいことではない」と締めくくっている点は、ハゲてる私もなんとなく理解できます。それに、私は太ってもいましたからね。



心理テストの11項目が出ていますが、これなんてさきほどの単語変換をすると、そのままハゲや薄毛の調査にも使うことができると思いませんか?



たとえ肥満であっても、それを気にしなければ健康でいられるっていうのですから面白い結果ですよね。肥満を恥じていない人は、よく運動もするというのも興味深し。



肥満をそっくりそのままハゲや薄毛に置き換えられるわけではないものの、ハゲを悩まず、ハゲを恥じない生き方ができれば、同じハゲでもまったく違う人生を歩むことができそうだという点は共通するのではないでしょうか。



まぁそれは分かってはいますよね。分かっていることを実践できるかどうかというのは、けっこうハードルが高いわけで。そういう生き方や考え方をできるようなるための途中段階にいる私ですが、この肥満に関する研究結果はそんな途上にいる私の助けになるかもしれないと感じました。



ハゲのせいで人生を暗いものにしてはだめですよね。それではハゲに屈したことになる。
ハゲを受け入れて、ハゲを楽しむ心を育てなければ。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック