AGA服薬399日後 ハゲ遺伝子の解明?科学者が特定したみたい



「科学者がハゲ遺伝子の解明をした!」というようなニュース記事を見つけ、「おお!」と心の中で叫んだのですが、ハゲや薄毛を治してくれるわけではなさそうです。



「ハゲになる遺伝子」
「科学者が特定」
「原因の解明へ大きな一歩」


という部分だけが目に飛び込んできて、「よっしゃ~!ついにこの日が来たか~!」とガッツポーズしちゃうわけです。
しかし、記事の冒頭部分に『まだ個人の「はげ」をどうこうする段階ではありません』なんて書かれているため、「な~んだ。たいした発見じゃなかったのか~」とガッカリ。



ところが、その先まで読んでみると、これがけっこう素晴らしい研究なのではないかと思い直すことができました。



*****
その結果、著しい脱毛・抜け毛と結びついた、287の遺伝子座を正確に示すことができました。また、共通の遺伝的変異に基づいて「脱毛がない」「著しく脱毛する」を識別する予測アルゴリズムも開発したとのこと。
*****


これって、けっこうすごくないですか?



*****
Hagenaars氏によれば、男性を「はげ」にする遺伝的シグナルの多くは母親から受け継いだX染色体由来のものだったそうです。
*****


こちらの解明も、決着が着いた感じがしてけっこうすごいことのような。



*****
ヒル博士は、今回の研究に用いたデータは「はげの形」について集められたもので、はげ始めた年齢によるものではないので、今後、「はげ始め」を識別することができるようになればさらに強い遺伝的シグナルを理解できると期待しているとのこと。
*****


「はげの形」と「はげ始めの年齢」を識別できるといいわけなんですね。ふむふむ。



*****
「個々人がはげるパターンを正確に予測するというところにはほど遠い」と、研究に携わったリカルド・マリオーニ博士は語っていますが、今回の研究で「はげ」の遺伝的原因の解明へ大きく踏み出したのは間違いないので、やがては期待されるような「はげ予測」もできるようになるのかもしれません。
*****



ん? そうなのか!
この研究はハゲを治すとかハゲヲ予防するためというより、「ハゲの予測」をするためなのかな?
どんな形ではげる、何歳くらいからはげ始めるというようなパターンを正確に予測するための研究ということか。


「ハゲ予測」が正確にできるようになれば、ハゲ予防につなげることはできるんだろうか?
ハゲを防ぐ研究にもつながることを期待したい。

あ、違った。
私の場合、ハゲを治したり改善することを希望しなきゃだめだった。
育毛や発毛にはつながらない感じかな?
研究過程で、育毛や発毛につながる発見もあるといいなぁ。



それにしても、この記事に使用されている写真。
私には別のモノに見えてしようがないのです。
きっと、わざと意図してますよね。




dna.png

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック