AGA服薬885日後 ハリウッドきってのイケメン俳優と私の共通点

hollywood_haiyu_man.png


日本代表、コロンビアに勝ちましたね。
ハメスが先発せず、途中で出てきたものの、動きが鈍いから人数の少ないコロンビアにしてみると、投入は失敗だったのかも。クアドラドを早くに交代してくれたのも、私としては少し安心できました。


グループリーグの初戦を勝てたのは、大きいですよね。
しかし、次の対戦相手のセネガルが、ポーランドを破りました。なんだか、混戦模様。セネガルとポーランドに負けてしまえば、昨日の勝利はなんにもならなくなります。


まずは、次戦のセネガルですな。相変わらず簡単なミスが多い、日本代表。昨日は早い時間でPKをもらい、加えて相手が10人になった好運によるところが大きいですもんね。もっと良くならなければ、決勝トーナメントに進むのは難しくなることも。とにかく、健闘を祈るしかありません。


前置きが、長くなりました。
本日のニュースは、これです。

ハリウッドきってのイケメン俳優、「25歳から薄毛」で欠かせぬ『必需品』に共感

という、『FRONTROW』の記事。


25歳の時から薄毛を実感し始め、病院に通っていた時期があったことを告白しています。テストステロンの分泌を抑える薬を、飲んでいたそう。体に良いものなのかどうかわからないから3年前に服用をやめたところ、髪が抜けるようになり、どんどん薄くなっているんだって。それで、その『必需品』が欠かせないみたい。


ハリウッドを代表するイケメンと私の共通点は、その必需品なわけです。正解は、なんとなくわかりますよね。


この記事へのコメント