AGA服薬967日後 バイアグラジェネリックの信用できる実践体験談が頼もしい

medicine_generic.png


《勃起大作戦》バイアグラジェネリックを徹底活用のオススメ

という、『【最前線】メンズ・ヘアビューティの頭皮改善』の記事。
https://hazumu.com/wp/viagra/


上のURLをクリックしてサイトを見た人は、『あれ? 前に見たことがあるような…』と思われたかもしれません。

その通り!

ヘッダーを見れば、思い出す人も多いかな。

メンズヘアーサロン『男のBOND』オーナーで、育毛シャンプー・養毛剤『男弾む』の監修もしている、理容師・藤本さんのサイトです。

理容師という専門家ならではの育毛情報や、文章・動画から熱い情熱が伝わってきたことをご記憶の方も多いはず。私も、藤本さんの情報は信用しているんですよね。


そんな、藤本さん。

なんと、バイアグラジェネリックの記事を書かれているではありませんか。数種類のバイアグラジェネリックを実際に服用し、実践体験談を赤裸々に書かれているのです。
ということは………、そういうことですよね。ビックリしちゃいました。


記事を読んで驚いたのは、昨日まで元気だったものが全然役に立たなくなったという話。さらに、直前までは大丈夫だったのに、いざ挿入となるとダメになったという話も。

加齢とともに徐々に元気がなくなっていくものなのかと思っていたものですから、そんなに突然、そのとき急に来るものなのかと愕然としてしまいました。


『自分にも、いつ降りかかるかわからないことなのかも…』

他人事ではないですよね。
そう思いながら、読んでみました。


やはり、さすがの藤本氏。
情報量が多い。それに、実際にそのバイアグラジェネリックを飲んで試しているから、リアルな真実味があります。
やっぱり、信頼できる御仁です。


バイアグラジェネリック、バイアグラジェネリックと書いているのでお気づきのように、バイアグラではなくてバイアグラのジェネリック品なんですよね。私が飲んでいるフィンペシアも、フィナステリドのジェネリックだったはず。


驚くことに、バイアグラって4錠で6,500円もすると記事にありました。AGA治療薬とは、比べ物にならないほどの高額です。

ところが、バイアグラジェネリックになると2,000円弱なのだそう。ジェネリック医薬品はありがたいと、改めて感じます。


記事を読んで何となくうれしかったのは、「オオサカ堂」が登場していることでした。ミノキシジルタブレットとフィンペシア、亜鉛サプリメントを私が購入しているのは、オオサカ堂なんですよね。

つまり、バイアグラジェネリックを購入するには、オオサカ堂のような個人輸入代行サービスを使うということのようです。もちろん、病院やクリニックで処方される方法もあるという点では、AGA治療と同じ感じ。やはりAGA治療と一緒で、医師による診察を受けるべきものとのことでもあるようです。


バイアグラジェネリックと言っても、けっこう多くの種類があることがわかります。オオサカ堂での価格、効果、オススメポイントなどを一覧表にしてくれているので、比較しやすくなっています。バイアグラジェネリックの成分には、エイジングケアというのか、若返り作用もあるみたいですよ。


藤本氏御本人が登場する動画も、いくつか掲載されています。バイアグラジェネリックの種類により、服用から効き目が出るまでの時間やその効果に違いがあるようです。そのあたりを説明している動画もありました。当然ながら、人によって効き目や効くまでの時間には個人差があるのでしょう。


オオサカ堂で実際に購入するところから、そのバイアグラジェネリックがどんな感じで届けられるのかという解説も丁寧に書かれています。これは、私がオオサカ堂でAGA治療薬を注文したときとまったく同じですね。オオサカ堂で購入するときに、初めてだと迷う部分が1点あるんです。そのこともきちんと書かれていたので、「そうそう、そうだよね」と思わず唸ってしまいました。


それぞれのバイアグラジェネリックの、写真と口コミも紹介されています。また、女性用バイアグラジェネリックというものもあるんですね。それも、紹介されていました。それぞれについて、使用してみた上での注意点を書くことができるのは、実際に服用しているからですよね。


医薬品を購入するときに何よりも気になるのは、「副作用」についてでしょう。AGA治療薬もそうですが、効果よりも副作用のほうに不安や心配があったりしますもんね。医薬品ですから副作用が出る場合があるのは、確率が低いとしても当然のことなのかもしれません。私がAGA治療薬を飲み始めたばかりの頃も、副作用っぽい経験がありました。それ以降は、副作用的なことは何も感じていません。

まぁ、AGA治療薬にしてもバイアグラにしても、そもそも別の病気や症状を治療する目的で作られた医薬品だったのにその副作用を利用しているわけですから、どこまでが副作用なのかって感じの存在ではあります。


もちろんバイアグラの副作用についての説明は書かれてあり、当然ながら正しい用法・用量を守っていれば副作用が出ることは無いのが基本でしょう。また、副作用を軽減する方法というものまで紹介されています。


記事の最後の方にある、老人ホーム職員に対して行われたアンケートの結果を見ると、やはりそういうものなのだなあと思わされます。ある意味、AGAより重要なことかもしれません。男性だけでなく女性にも関係することでもありますし、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の問題でもあります。


AGAのほうで何度か書いているように、「自信」の問題なんですよね。自信があるのなら、薄毛でもAGAでも怖くないという実例をいくつも見てきました。「自分にはコレがあるから平気」というような自信を持っていない人が、人生でうまく行かないことのすべてを薄毛やAGAのせいにしていた例も見てきましたよね。


薄毛やAGAならば見た目問題ですから、心だけの問題と考えることが可能かもしれません。しかし、EDやインポテンツとなると、見た目や心だけの問題じゃ済まないですよね。実際にその行為が、できるかできないかという問題なのですから。相手のあることでもあります。もしかすると、薄毛やAGAより精神的なショックは大きいのかもしれません。失う自信の大きさも、比較にならないほどなのかも。そんな気がしてきました。


少し安心できるのは、藤本さんのサイトを見る限り、バイアグラジェネリックのほとんどに効き目があるという点です。どれも、確実に勃起している感じです。服用さえすれば勃起するというのは、安心につながりますね。

バイアグラジェネリックの購入を考えるときには、藤本さんのこのページを熟読し直そうと思います。

この記事へのコメント