AGA服薬1210日 ヒト幹細胞培養液由来エクソソーム発毛剤ができる?

ichiba_turret_truck.png


世界初のヒト毛根細胞順化培養液を成分として使用した毛根に特化したスカルプケアがクラウドファンディング中であるということを、一昨日、記事にしました。
AGA服薬1208日 世界初のヒト毛根細胞順化培養液を成分として使用した毛根に特化したスカルプケアがクラウドファンディング中


今日は、こんなプレスリリースを見つけましたよ。

*****
“エクソソーム”など生理活性物質プロファイルの調整で目的別の機能性を持つ『ヒト幹細胞培養液』の化粧品原料開発
アンチエイジング株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000013037.html
*****

アンチエイジング株式会社というところは、もうすでに日本国内で初めて「ヒト幹細胞培養液」を化粧品原料として上市しているのですね。


今回は、「ヒト幹細胞培養液」。
一昨日の記事は、「ヒト毛根細胞順化培養液」。


で、今回のプレスリリースによると、そのアンチエイジング株式会社が、

*****
韓国における幹細胞培養液研究の第一人者、李ドンヒ博士が設立したRemyBio社(レミーバイオ、本社:韓国)と新たにパートナーシップを結び、幹細胞が分泌する「エクソソーム」など、生理活性物質のプロファイルを調整し、美肌や発毛など目的別の機能性を付与したヒト幹細胞培養液の化粧品原料の開発を目指します。
*****

ということのようです。
美肌と発毛ね。
「ヒト幹細胞培養液由来エクソソーム」というのが、これからの注目キーワードになっていくのかも。


再生医療の研究で発毛や育毛がどうなるのかに期待はふくらむわけですが、今回のプレスリリースで私が学んだのは別のこと。「上市」という言葉でした。これ、知らなかったです。


「上市した」「上市する」「上市し」などと使われています。読み方は、「じょうし」。市場に出すこと、市販されること、新しいサービスを市場に出すことなどの意味なんだって。なんだか、美しく厳粛な響き。


画期的な発毛剤が上市されるのが楽しみです。

この記事へのコメント