AGA服薬770日後 フィリップスのバリカンを使ってみたよ 失敗もしたけれど元気です

ski_freestyle_flip.png



フィリップスのバリカンが届き、充電してさっそく使ってみました。



けっこうカッコいいフォルムとデザインで、充電しているときに光るグリーンライトもオシャレです。



ただし、コームを付けると浮いたようになるのが、なんとなく違和感。でもこれは、こういうほうがいいのだと使ってみてわかりました。



カスタマーレビューの中に「音がうるさい」というものがあったような気がするのですが、まったくそんなことはないです。それまで使っていたバリカンのほうが音も振動も大きかったですね。



そうそう。

それまで使っていたバリカンと言えば、安いものを買おうとしたので、有名ではないメーカーのバリカンだったんですよ。今回と同じくらいの価格(2,000円前後)で買ったのだと、思っていたんです。

購入履歴を見たら、なんと1,000円で購入していました。2013年だから5年近く前。1,000円なのに立派にカットできて5年近く使用できたんだからコスパは最高だし、そろそろ寿命だったんだろうね。

お世話になりました。ありがとう。



で、新しいバリカンに話を戻します。



すごく気になっていた上、もっとも期待していたのが、「カット性能が2倍」というポイント。これは、本当にそんな感覚でしたよ。



もちろん刃が新しいという理由もあるでしょうから、古いバリカンと単純に比較できるものではないのかもしれません。でも、軽く抵抗なく切れる感じです。音が小さいのも、それを強調しているのかも。



さきほど書いた、コームの浮いたような装着感の件ですが、これはカットした髪の毛がここにたまる感じなのです。なので、ここが浮いたように装着されていることにより、カットした髪が詰まらない設計になっているというわけなんだと思います。この場所が狭いと、すぐに髪が詰まることになるのではないかな。



ここまで使ってきて、もう「大満足」とウキウキしていた私でした。



ところがふと鏡を見ると、なんだかいつもより髪が短い印象。「切れ味が良いからだろうな」と思いながら、最後まで仕上げてみました。



そうして改めて鏡で見てみたところ、なんだか頭が青白いのです。青ひげの青ぞりという感じ?
どうやら、短くカットし過ぎたようなんですよ。青々としているというのか、白じろとしているというのか、もうお坊さんのような感じ。



それまで使っていたバリカンと同じように一番小さいメモリにセットして今回もカットしたわけですが、そうするとフィリップスのこのバリカンでは「1mm」の設計なのです。
一方、古いバリカンの最小設定は「3mm」だったことが、今調べてみて判明。



これでは、短く刈りすぎです。五厘刈りくらいになったのかな?

家族は驚き、怒られたり、笑われたりしましたよ。
失敗、失敗、大失敗…。

この次は3mmか5mmにセットして、様子を見なければ。



でもでも、まだ1回しか使っていませんが、これは良い買い物をしたような気がします。オイル差しをしなくていいし、使えば使うほど研磨されるはずだし、カット性能2倍というのも実感できています。



早く髪の毛、伸びないかな~。
使うのが楽しみなので、また早くカットしたいです。

今度は、長さを間違えないようにしなければね。


フィリップス 電動バリカン ヘアーカッター 充電・交流式 HC3412/15
Philips(フィリップス)



この記事へのコメント