AGA服薬1092日 フサフサになるシグナルのスイッチを自分で入れる方法はないのか?

dance_tenohira_odoru.png


ツルツルとフサフサの違いを生むカギは

という、『ニューズウィーク日本版』の記事。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/01/post-11534.php

何か新しい発見の研究発表でもあったのかと、期待させるタイトルですよね。


子供の頃、「どうして手のひらに毛が生えないのだろう?」なんてことを考えたことが、たしかにあったような記憶があります。そんな研究内容を紹介した記事。


体毛の成長を促すWnt(ウィント)シグナルというものがあるそうで、このシグナルのスイッチが入るかブロックされるかが関係しているんだって。毛のない領域にもWntは存在していて、スイッチが入るかどうかの問題だけらしい。この発見が、毛髪育成の研究につながることを期待しているとのこと。


毛髪や体毛に関する、別の研究成果のことも紹介されています。こちらは、白髪のシステムについてでした。


昨年は、毛髪や育毛に関する大きな発見が続いたような記憶があるんですが、新年1月は髪に関連したニュースがほとんどないんです。普通の記事すら、書かれていない印象。


年末年始はリアップの販売が増えるという記事を紹介したように、この時期は育毛関連の情報を求めている人も増えているのではないんですかね。違うのかな~?


新発見は研究が進まなければどうしようもないので待つしかないですが、普通の記事ならばあってもいいはずなのに…。

っていうか、急を要する情報ではないわけだから、年末年始は育毛サイトも育毛ライターもゆっくりしてるんだろね。ってことは、そろそろ新しい記事がアップされるころかもしれないな。

この記事へのコメント