AGA服薬1072日 ヘアコンタクトって何だ?

medical_contact_lens.png


ヘアコンタクトがさらに進化! 『ヘアコンタクトグラン』-誕生

という、『株式会社 プロピア』のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000009035.html

ヘアコンタクトって、おそらく聞いたことがなかったと思います。「プロピア」という会社名は聞いた覚えがあるような…。


コンタクトレンズ感覚の増毛方法ということだろうなとは、予想できますよね。トワイエ、コンタクトレンズ感覚っていったい…?


ヘアコンタクト最大の特長は、「頭皮と一体化」ということみたいです。「圧倒的な自毛感覚」なんだって。


*****
ヘアコンタクトは発売当時から、カツラを「メガネ」に例えてヘアコンタクトは「コンタクトレンズ」として形容されていました。
*****

やっぱり、そうだ。


*****
メガネと比べてコンタクトレンズは、目と一体化して見た目がそのままで視力矯正効果が得られます。ヘアコンタクトも同様に頭皮と一体化して見た目も自然に頭髪の悩みも解決できます。これが「ヘアコンタクト」と呼ばれる所以です。

近年視力矯正策として医療行為の「レーシック」が一般的になりつつあります。
今例えるならば、「レーシック」が自毛植毛、「コンタクトレンズ」がヘアコンタクト「メガネ」がカツラといったところでしょうか?
*****

わかったような気がしないではありませんが…。


あれ?
このあたりで、プレスリリースは終わってしまいました。
結局、どういうことをするのがヘアコンタクトなのかが、さっぱりわからん。料金も不明ですよね。


「HAIRCONTACT GRAN(ヘアコンタクト グラン)特設ページ」へのリンクがあったので、行ってみましたよ。
https://propia.co.jp/haircontact/gran/


*****
カツラは人工頭皮に毛を植えた商品ですので、あくまでも「被る」という表現になります。
一方ヘアコンタクトは予め植毛してある透明な極薄特殊フィルムを頭皮に貼って透過させるので、自分の頭皮を活かせる、全く別のカテゴリー商品です。
*****

なるほど。フィルムを頭皮に貼るわけね。


*****
薄さ 0.03mm の透過性特殊フィルムで頭皮と一体化させる唯一無二の商品です。
肉眼ではほとんど見分けのつかない自然な生え際を実現し、まるで頭皮から毛が生えているように見えるのが特長です。
*****

肉眼では見分けがつかないから、生え際も堂々と出せるんだって。すごい。


*****
引っ張ってもピンポイントで皮膚が持ちあげられるので、まるで神経が通っている感触が得られます。
*****

へぇ~。写真を見ると、たしかに引っ張り上げられてる。
誰かに突然髪を引っ張られても、これなら大丈夫なんでしょうか。


眼球にコンタクトレンズをかぶせる感覚と、頭皮に特殊フィルムをかぶせる感覚が似ていることも、ヘアコンタクトと命名された由縁かもしれませんな。

なかなか良さげではあります。


しか~し、料金については書かれていません。見つけられないだけかもしれませんが、いくらかかるのかがわかりません。


資料請求というボタンがあり、お気軽に問い合わせていいよというフリーダイヤル番号も掲載されています。これらの方法で連絡したらわかるのでしょうけど、個人的にこういうタイプは苦手なんですよね。開示していて欲しい。なんか騙されそうで、イヤなんです。


まぁ、ホームページなどで情報を開示していても、あれやこれやとプラスされたりすることで、思っていたより高額になるのが普通なのかもしれませんけどね。


ヘアコンタクトだけに、こちらからコンタクトを取らなければいけないってことなのでしょう。

お後がよろしいようで。

この記事へのコメント