AGA服薬345日後 マシュー・マコノヒーの薄毛は半分本物

sensu_salaryman.png

マシュー・マコノヒーといえば、甘い感じのイケメン俳優というイメージでした。あれ? 私が彼を知ったころはマシューじゃなくて「マヒュー」だったような。記憶違い? 調べてみると”Matthew”というスペルなのでマヒューと呼んでいた時代があるのかも。ちなみに、マコノヒーは、”McConaughey”というスペル。ウィキペディアによると、「マコノヘイ」が正しいんだって。でも、Mcだから、コにアクセントが来るんだろうね。


ハンサムなヤサ男という感じなのにマヒューという「th」発音が敬遠されたのか、はたまたマコノヒーという名前が日本人には覚えにくかったからなのか、若いころはさほど人気がなかったように思います。アメリカでの人気に比べると日本ではあまり知られてなかったですよね。


ところが最近は、役作りのために激太りしたり、逆に激ヤセしたりすることが話題になることが増えました。HIVにかかった主人公を演じたときは、1週間に3キロずつ減量し、合計21キロも落としたそう。役作りのための激太りや激ヤセは評価されやすいですよね。この映画で、アカデミー賞主演男優賞を獲得。ハリウッドの殿堂にも入ったので、ウォーク・オブ・フェイムに手形があるんでしょう。


ウィキペディアを読んでいたら、1999年にマリファナで逮捕されたとか、アシュレイ・ジャッド、サンドラ・ブロック、ペネロペ・クルスと交際していたことが書かれています。やっぱりモテモテだったのね。
生年月日は1969年11月4日なので47歳。ほぼ同年代か~。


マシュー・マコノヒーの紹介だけでこんなに書いてしまいましたね。そんなマシュー・マコノヒーがどうしてこのAGAブログに登場したかというと、最新(?)主演映画で中年太りの薄毛男を演じたことが記事になっていたからです。


*****
【イタすぎるセレブ達】マシュー・マコノヒー新作で本物のトラと絡む その撮影が“一番最後”だったワケ | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト
http://japan.techinsight.jp/2016/12/kay12221008.html

*****


映画のポスターの写真が出ているのかな。たしかに、中年太りという感じで、頭髪は見事にAGA。薄毛を通り越してハゲちゃってます。記事によると、この薄毛については「半分本物」なんだそう。頭頂部は髪を剃り、薄毛キャップなるものをつけたんだとか。もしかして半分本物の意味は、髪の毛が自前で残りは作り物という意味で、彼自身は薄毛ではないのかもね。「あのハンサムマヒューも薄毛か。ぷぷぷっ」と期待してたのに~。
この写真ではわかりませんが、前歯には義歯をつけているんだって。出っ歯にでもしているのでしょうかね。


あんなに甘くて二枚目のマシュー・マコノヒーでも中年太りでハゲてしまうと、やっぱりかっこ悪くなっちゃいます。こういう現実を見ると、やはりハゲてしまってはダメなのかとガッカリしてしまいそう。ハゲは仕方ないとしても、せめて中年太りになることは避けないといけませんね。


とは言え、ハゲててもカッコいい人がいるのも事実だし、ハゲて中年太りでもカッコいい人はいます。何が違うのか考えてみると、このマシュー・マコノヒーもそうですが、髪が残っているのが良くないのかもしれません。ここまで薄くなったのなら、やはりスキンヘッドなり丸坊主なり、もっと短くしたほうがカッコいいのではないですかね。サイドやバックに長い髪が残っているのがダメなのかも。それプラス、この写真のようなだらし無い服装も印象が悪い。
ハゲて太っていてもカッコいい男でいるためのヒントになりそう。サンキュー、マヒュー!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック