AGA卒薬82日目(服薬1502日)リモートは薄毛に辛いニューノーマルかも

online_nomikai_man.png


リモートワークをしているでしょうか?

今回の
新型コロナウイルスで
リモートワークを導入した
企業が増えました。

テレビ番組も
出演者が
自宅などから
リモート出演している
ケースを見かけます。

リモートによる飲み会
「ZOOM飲み」
をした人も
いることでしょう。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
【【大丈夫?コロナ禍の「髪」対策】リモートに映る薄毛の現実】
BEST T!MESコラム
https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/512649/
*****

リモートワークで
薄毛が目立つ…
というような内容かと
思ったのですが、

そうではなく、

たしかにこれは
マズい状況だと
思いました。


リモートのモニター画面に
顔がずーーっと
映っているわけです。

ずーーっと、
薄毛の顔が
出っぱなしなわけで

それを
相手やみんなは、
ずーーっと
見つめている状況。

この状況は
薄毛人にとって
なかなか厳しいと
言わざるを得ないかも。

面と向かっていれば
相手がどこを見ているかが
わかります。

『ん?生え際を見たな』
なんてことも
わかるわけですし、

相手だって
できるだけ見ないような
気遣いがあるのが
普通でしょう。

しかし、
リモート画面だと
顔は映りっぱなしで、
相手に見られっぱなし。

私にとっては
なんだか
厳しい世の中へと、
さらになってしまったようで
辛い。

リモートワークのような
画面による会話みたいなものを
私はまだ
経験していませんが、

考えるだけで
気が重くなります。

テレビ電話が
普及しなかったのって、
顔を見られるのがイヤだから
という点も
あったと思うのです。
薄毛に限らず。

ほんと、
困ったことになったな~。


でもまぁ、
リモートワークだからって
常に顔を見ながらという
わけではないはず。

メールやチャットなどのほうが
多いのでしょうけど。


紹介した記事では
自毛植毛の話に
つなげているわけですが、
それももちろんいいけれど、
ウィッグなんかも
良いような気がしません?

同じ職場の人なら
薄毛がバレているから
隠しようがありませんが、
直接会うことがない人との
リモート対面ならば、
ウィッグを着けるなんてことも
アリではなかろうか。


いやいや。
もうね。
開き直るしかないですよね。

薄毛の何が悪いんじゃい!
と、
潔く
見せびらかしたほうがいい。

隠していると
ビクビクしちゃうから。
隠しようがないんだ。
隠していると思っても
相手にはバレている。
だからもう、
開けっ広げにする。
オープンマインドです。

そうしたほうが、
相手にも
心を開いた形になって
好印象を持ってもらえるはず。
いいことも
悪いことも、
なんとなく
空気は伝わるだろうから。

もうきっとね、
隠してたって
しょうがないのよ。
そういう運命なんだもの。
運命を受け入れるしかない。

運命を受け入れたうえで、
それに逆らうことも
ありかもしれないけれど、
流されちゃったほうが
楽かもしれない。

やれることを
やってみることは
肝要。
あきらめないことも
重要。
でも、
あきらめることも
必要。

リモートが主流になることに
抗いようがないのだから
受け入れるしかない。

薄毛になるような生活を送り、
薄毛対策をミスり、
その後の対策も
後手後手で手遅れ
だったのだから、
もうどうしようもなく、
取り返しもつかない。

あきらめが必要というより、
あきらめるしかない
というのが適当か。

これで
今後も生きていくのだから、
楽しく
生きていくだけだ。
楽しい人生にしたい。

あっという間に
過ぎるのだろうし、
死んでしまえば、
薄毛なんて
どうでもいいこと。

薄毛でも
楽しいことは
たくさんあるはず。

薄毛のせいで
逃すことも
たくさんあるのかも
しれないけれど、

薄毛じゃない人生を
送ることはできないのだから
実際にどうかは
誰にもわからない。

今の人生を
楽しく
生きるしか
できないのじゃ。

薄毛だけじゃなく
いろいろダメダメだけど、
死ぬまで生きるしかない。

それなら
楽しいほうがいい。

がんばります。

この記事へのコメント