AGA服薬754日後 今回は難しいけどザワザワする、やまもとありさの「おんな薄毛道」生やしてみせます

hair_skinhead.png



漫画家・やまもとありささんの『「おんな薄毛道」生やしてみせます』が、久し振りにアップされていました。昨年10月以来ですかね。



今回のタイトルは、『「ハゲ」を隠したい、髪を生やしたい…私はなぜそう思うのか?』。なんか、いつもと違う雰囲気。



連載開始から丸2年が経とうとしていて、いろいろ育毛活動をやっているのに、髪が増えていないそうなのです。



そこでやまもとさんは、「なぜ生やしたいのか」 をあらためて考えることに。円形脱毛症の当事者として、髪がないことによって生じる「生きづらさ」とは何かを社会学の視点から研究する吉村さやかさんに会いに行くことになりました。




吉村さやかさんの写真が出ているのですが、前にブログで紹介した人でしょうか。でも、顔が違うかも。別人かもしれないですね。



今回の漫画は、一回読んだだけでは私は理解できませんでした。また、今回で終わりではなく次回に続きます。初めて見聞きする単語もいくつか出てきますし、髪がないことによる「生きずらさ」を考えるのは、とても難しい。

でも、なんだかザワザワするのです。



女性のハゲと男性のハゲとでは違う部分も大きいし、違うところも多いとは思うのですが、ハゲとして『どう生きるか』ということを考えてみれば、共通する箇所も多いはず。



なぜ髪の毛が(少)ないと生きづらいのか?
なぜハゲや薄毛を隠したいのか?
なぜ髪を生やしたいのか?



それは、自分の中に『ハゲ・◯◯◯◯』があるのではないか?



難しいけどザワザワする今回の漫画を、ぜひ読んでみてください。
次回も、楽しみです。



この記事へのコメント