AGA卒薬144日目(服薬1502日)元気があれば何でもできる、髪も生える?

yaruki_moeru_businessman.png


元気ですか~?

元気があれば
なんでもできる。

アントニオ猪木さんは
お元気なのでしょうか。

今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
「思い込み」で薄毛が治る!?精神力の効果を裏付ける科学的証拠
若ハゲ番長のAGA治療体験記
https://www.pnai.org/%E3%80%8C%E6%80%9D%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%81%A7%E8%96%84%E6%AF%9B%E3%81%8C%E6%B2%BB%E3%82%8B%EF%BC%81%EF%BC%9F%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%8A%9B%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%82%92%E8%A3%8F/
*****

若ハゲ番長さんの
最新ブログ記事です。

精神力で毛が生える可能性について
科学的証拠をもとに
検証しています。

これは
おもしろい記事。

若ハゲ番長さんは
エビデンスをもとにするのが
基本なので
とんでもない内容には
なりえません。

プラセボ効果で
病気だけでなく、
手術が必要な
整形外科的な症状ですら
改善することがある。

逆に
思い込みが原因で
副作用が起こることも。

「思考は現実化する」とか、
「引き寄せの法則」とか、
そういうことが
よく言われるように、

思い込みの力は絶大
ということなのでしょうか。

髪の毛が生えてくると
強く念じていれば
髪は生えてくるのか?

そのあたりについては
若ハゲ番長さんの記事を
お読みください。


プラセボ、プラシーボ
と聞くと、
「病は気から」
ということわざ(?)が
思い浮かびます。

景気も気から
ということで、
年金資金で株価を支え
いざなぎ景気を超えた~と
気勢を上げている
気もありやなしや。

病は気からと言われたり、
気は病からなどと
言われることもあります。

病気をしていれば、
気も病んでしまいがち。

病は気からなら、
元気は何からなのか?

昼カラを元気の素としていた人が
たくさんいることを
今回のコロナウイルス騒動で
知ることはできました。

元気は昼カラ。

病は気からならば、
病気にならないために
その気を保つには
どうしたらいいのか?

その気は
元気なのか?


元気という字を見ると
元の気なのです。

そうか。
元の気に戻ることを
元気としているわけか。

ってことは、
もともとの気が
あまり元気じゃない人は
そのレベルの元気にしか
戻らない
ということかいな。

まぁ、
イメージ通りの元気に
なってもいい
のでしょうけれど。

元の気…
というよりも、
元の字に
「戻る」「復元する」
みたいな意味があるのかも。

気が復活することを
元気と呼ぶのかも。


気の持ちようで
病気が治ったり、
外科的な不調さえ治ったり、
発毛することだって
ないわけじゃない。

それなら
いつも
そういう気持ちでいたほうが
いいはず。


元気ですか~?

アントニオ猪木さんの
第一声が
これになったのは
いつごろからだったでしょう。

元気ですか~?

元気があれば
何でもできる。

初めて聞いたときは
『ほんまかいな』
と思ったけれど、

繰り返し聞いていたからなのか、

『ほんと、そうかも』
と思うようになっています。

元気さえあれば
何でもできそう。

もちろん
すべてが
うまく行くわけではないけれど、
うまく行くかどうかは
関係ない。

できるか、できないか。
やれるか、やれないか。
やるか、やらないか。

元気があれば、
何でもできそう。

体が元気ということもあるし、
体が病気でも
気持ちが元気ならば
何でもできそう。

っていうか、
気持ちが元気じゃなければ
体が元気でも
何もしたくないかも。

となれば、

元気というのは
体というより
気持ちなのかな。

やはり、気持ちの気か。

猪木さんの
「元気ですか~?」で、
「元気があれば何でもできる」には
後があるのが
フルバージョンでしょうか。

「この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ」

これ、これ。

猪木さんが
引退するときに
言ったんでしたっけ?

一休和尚の言葉と
猪木さんは話していたはず。

ぐぐってみたら
一休さんではなくて、
清沢哲夫(のちの暁烏哲夫)氏の詩「道」
なのだとか。

新しいことを
始める時は
怖いし、
不安なもの。

私が会社を辞めるときも
そうでした。

AGA治療薬を
海外から個人輸入代行サイトで
購入し、
それを服用するときも
似たような気持ちだったかも。

「この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ」

行けばわかる。
行かなきゃわからない。

そうなんですよね。

でもまぁ、
医薬品の場合、
とにかく行ってみろ
ということでは
ダメ。

迷わず行けよは、
時と場合によります。


思い込みのパワーを
活かしていきたい。

思い込みの力を
強めるためには
どうしたらいいのか?

信じられるように
したらよいのかな。

人それぞれ
信じやすい方法みたいなものが
あるのでは。

数字やデータが並ぶと
信じやすいとか、

体験談を読むと
信じてしまうとか…。

自分が
どういうものを
信じてしまう
傾向があるのかを見つけ、

それを
うまく利用できれば、

思い込むことが
できるようになれるかも?

私の場合は
なんだろう?

なんでも
最初は
疑うところがあるかもだけど、

信じたいことは
思い込むように
してみようかな。

効果はある
でしょうか…ね。

この記事へのコメント