AGA服薬165日後 千葉真一、すごい!

karate_kawarawari.png
こんな記事がありました。

千葉真一も体感!従来品の5倍濃度の成長因子を配合したオリジナル薬液「毛髪再生HSリボーンカクテル」が銀座HSクリニックに登場:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000019462&g=prt


銀座HSクリニックが新しい配合の薬液を使うことになったということ、イメージキャラクターに千葉真一さんを起用することになったという内容です。


5倍の濃度になったというのはリアップなんかと同じで、1%配合が5%になったという感じなのかな。
そして、千葉真一さんと言えば、ハリウッドでは「サニー千葉」として知られているんですよね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/千葉真一#Sonny_Chiba


Wikipediaを見てみると、"Sonny Chiba"というスペルなので、世界のソニーのほうに近い発音なのでしょうか。"Sunny Chiba" だと思ってました。

海外ではマーシャルアーツの大スターであるSonny Chiba の熱狂的な人気は根強く、日本国外での著名人の熱烈なファンにはサミュエル・L・ジャクソン、クエンティン・タランティーノ、キアヌ・リーブス、インドネシアの格闘家・俳優のヤヤン・ルヒアン、らがおり、世界の映画人にも影響を与えている。


フランシス・フォード・コッポラは「千葉真一とアル・パチーノの共演で映画を製作したい」と東映社長の岡田茂 へオファーし、千葉も「海外で勝負させてください」と岡田に懇望したが、「まだその時期ではない」と岡田は承認しなかった。


さすが千葉真一!
記述も多く、エピソードも興味深いものばかり。時間のあるときにゆっくり読むとして、話を元に戻しましょう。
千葉さんと言えば、たしか「湯シャン」派の一人だったはず。1939年生まれの77才ですが、髪はしっかり生えてますよね。若い恋人ができたとかワイドショーに出ていたような。まだまだお若くて、お元気ということで、イメージキャラクターとして起用されたのかもしれませんね。


この「毛髪再生HSリボーンカクテル」では、

毛乳頭細胞の増殖促進や毛周期の正常化などの効果があるとされるKGF1,2やPDGFなど7種のヒト型成長因子を贅沢に配合しました。この成長因子(タンパク質)が変性せず鮮度の高い状態を保ったまま治療に使用すべく、薬液は徹底した温度管理を行い、常にフレッシュな状態をキープ。保存や取り扱いの手間はかかりますが、生きたままの成長因子を直接毛乳頭に与えることができます。

さらに成長因子に加え、日本皮膚科学会が発表した男性型脱毛症(AGA)の治療ガイドラインにて治療効果"A"とされている有効成分"フィナステリド"、"ミノキシジル"をさらにカクテル。(※女性の治療の際にはカクテル内容を一部変更)薄毛治療における最大限の治療効果が集結したオリジナル薬液が誕生しました。


だそうです。

フィナステリドとミノキシジルを「カクテル」というのは、薬液に配合されているという意味なのでしょうか? フィナステリドを服用せずに塗布するということになるのでしょうかね。「ノーニードルメソセラピー」で頭皮に浸透させる方法だから可能なのかな? 「ヘアグロウスタンプ」というメソッドもあるみたいだし。

現在、毛髪再生HSリボーンカクテルを用いた無痛の薄毛治療「ノーニードルメソセラピー」の体験を初回¥5,000(税抜)で実施中。


5,000円で体験できるのか。

っていうか、そんなことより、千葉真一さんのウィキペディアのほうが気になる~。昔の大スターのエピソードはタマラナイものがあるもんね。関根勤さんと関根麻里さん親子がする千葉さんのモノマネもタマラナイものがあります。
「ハーー!」

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック