AGA服薬1109日 吉田戦車さんは頭皮や毛根の神様に土下座しているらしい

mangaka_urenai.png


薄毛ケア器具を購入「吉田戦車」毛根の神様に土下座してる

という、『Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ』の記事。
https://smart-flash.jp/lifemoney/61341

漫画家の吉田戦車さんが薄毛が進行していることに気づき、動揺したところから始まります。


若い頃から髪はフサフサで、

*****
 散髪に行くのがめんどくさくて、妻の伊藤に、「もうこんなに髪の毛元気じゃなくていいのに」的な、罰当たりなことを言ったりしていた。そのバチが当たったのか。
*****

なんてことを、書かれています。


お父様は薄毛ではなく、親戚にも薄毛の人はいないそう。
吉田戦車さんは帽子やヘルメットをよくかぶるらしく、

*****
頭や髪が蒸れたり、暑さ寒さにさらされず、甘やかされていたり、ということはあるのではないだろうか。
*****

こう考えて、晴れの日以外は帽子をかぶらなくしたとか。


そんな吉田戦車さんに奥様が、

*****
自分も愛用しているヘアブラシを買ってくれた。英国伝統の最高級ヘアブラシ「メイソンピアソン」のモノである。なんとなく高いだろうなと思っていたが、今値段を調べて仰天した。1万8360円。美容雑誌の連載などもしているので、妻の美容系出費はかなり豪快だ。
*****

検索してみたら、Amazonでも売ってますね。




それでも熱心には使わなかったみたいで、奥様が自分のものにしてしまったんだって。


そうは言ってもなんとなく気になっていたのか、ご自身で購入したのが、これ。



*****
 宇宙人のような細い5本指の先に小さいメタルボールが埋め込まれていて、頭皮をクリクリ刺激してくれる道具だ
*****

*****
よく気が利く宇宙人に、やさしくしてもらってる感じ
*****

ということで、冒頭のイラストになるわけですな。
気持ちいいみたい。


*****
 頭皮や毛根の神様に「薄くなってもいいとか言ってすみませんでした」と、心の中で土下座しつつ、クリクリザリザリを続けている
*****


私も薄毛になる前の若い頃には、「薄毛になってもかまわない」と思っていました。頭皮や毛根の神様に、土下座しなくちゃいけないかも。


吉田戦車さんのプロフィールには、1963年生まれとあります。私より、5年先輩なのか。55歳とか56歳とか、そのあたりで薄くなり始めたということ。このくらいまでフサフサボーボーだったのなら、神様に好かれてますよね。土下座なんてしなくても、ぜんぜんオッケー。


漫画家さんって、売れてないときは貧乏暮らし、売れっ子になると締切に追われ、睡眠不足で不摂生というイメージがあるんですが、薄毛の漫画家さんっていないような気がしませんか? 詳しいわけではないけれど、薄毛の漫画家さんって思いつきません。

あっ、いた! やまもとありささん!

どうなんだろう。
漫画家さんには、薄毛が少ないのかな~?

この記事へのコメント