AGA服薬1502日・卒薬13日目 増毛スプレーでここまでやれるプロはさすがだ

sakuramochi_doumyouji.png


餅は餅屋だと、思われますでしょうか?

『やっぱりその道のプロ、専門家のほうがいいよな~』と思うことがありますよね。


自分でもできるんじゃないかと思い挑戦してみるものの、失敗するは、時間や手間がかかるはで、「餅は餅屋だな」などと、ひとりごちるわけです。


でもまぁ、プロのレベルにまで到達しなくてもいいようなことであれば、自分でやったほうがいいですよね。プロに頼むと、お金もかかりますし。


「餅は餅屋」と同じ意味の言葉で、「蛇の道は蛇」があります。蛇の道は蛇って、よくよく見ると何だか変な感じ。蛇の道は蛇の後に、何かまだ続いていたのかな?


餅は餅屋には「美味い」が続いて「餅は餅屋が美味い」だとすれば、蛇の道は蛇のほうは「蛇の道は蛇が詳しい」という感じなのでしょうか。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。




こういうの、ちょくちょく出てきますよね。
やっぱり「餅は餅屋」「蛇の道は蛇」と思わされます。


このような増毛スプレー、私も使っていることを何度も書いてきました。と言っても、最近はパフが付いたものをバフパフと叩くようなタイプのものを使うことのほうが多いかな。この記事に出ている男性と同じような髪型の頃は、似たタイプの増毛スプレーを毎日使用していました。


写真を見ても「すごい!さすが!」と思わされますが、それよりも動画を見たほうがもっと感嘆させられると思いますよ。さすがはプロの技術です。こんなふうに自分でやることは難しいんじゃないかな。


加えて気づいたのは、増毛スプレーと頭の距離が意外に離れていたことです。私が自分でやっていたときは、もっと距離が近かったような気がします。自宅の洗面所でスプレーするので、あまり遠くからはできません。周りに飛び散ると困るから。


この美容師さんが使っている増毛スプレーには、長めのノズルが付いています。私が持っている増毛スプレーに、このようなノズルはありません。こういうノズルがあれば、あまり飛び広がらないのかもしれませんね。吹き付け方も、とても上手。自分では、こうはできないでしょう。


何より、増毛スプレーを吹き付ける前の段階もプロの仕事です。ここまでやるには、やはり自分では無理かも。慣れたらできるのかな~?


おでこの広さはどうにもできませんが、髪がこれなら、薄毛だと思う人はいないはず。


プロだからすごいということもありますが、見ながらやれるだけでも違いはかなり大きいだろうなと思います。自分一人でやるのは、本当に大変。合わせ鏡にしながらやるのは、難しいですからね。自分でやるしかないにしても、きっちり見ながらやれるだけでいいんだけどな~。


増毛スプレーをやってくれる床屋さんなんて、日本にあるのでしょうか。でも、毎日のことだから通うこととか費用面で無理かも。家族がうまくやってくれるといいのかもね。

この記事へのコメント