AGA服薬844日後 女性の薄毛が気になる男性は多いのか少ないのか そもそも「気になる」って?

inbouron_man.png



<男女の薄毛に関する意識調査>女性の薄毛対策偏差値は男性以下だった! 増加傾向にある女性の薄毛。女性たちの意識とその対処法とは?

というプレス・リリース。



ヘアメディカルグループが行った、「薄毛に関する意識調査」の結果について解説されている記事になっています。この意識調査は、薄毛に悩んでいる男女2,400人を対象に行われたそう。



「女性のほうが男性の薄毛に対して寛容」としている一方、「自身が薄毛に悩む男性でも75%以上が女性の薄毛を気にしている」としています。それをもって「男性は意外と女性の薄毛を気にしている」から、女性たちよ薄毛対策を始めよ…という話の持って行き方なのかな。



女性に薄毛対策を勧めるための一環なのでしょうから、こうなるのは仕方ないことなんでしょう。でも、この調査結果からは、男性も女性の薄毛を気にしてるってことにはならないような気がするんですけどね。



「特に気にならない」と回答している割合が「21%」で、女性のほぼ2倍あります。ここには、触れていません。
また、赤枠で強調している3つのデータにしても、女性の薄毛を気にしているという内容ではないように思います。それに、ここの割合も女性の回答より男性のほうが少ないですしね。



「気にしている」という『くくり』ですから、どんなふうに「気にしている」かは曖昧。「気になってしまい、見るのも嫌だ」「絶対、恋愛対象にならない」というくらい強い反応も入るし、「薄くなっているのが目に入れば、そりゃあ気になるわな」程度の「気になる」も含まることになります。



私個人としては、女性の薄毛は気にならないかな。薄毛の女性を見たら、それは「あ~、薄いんだな~」「悩んでたりするのかな」くらいには気になりますよ。でも、自分も薄毛ですからね。薄毛だからって、その人を否定したりはしないです。



プレス・リリースの後半では、女性は薄毛対策にあまりお金をかけていないという分析結果を載せています。



このあたりの解説も、微妙ですよね。
この意識調査の対象年齢は、20代~50代。薄毛に悩んでいるといっても、女性の場合は50代以降くらいから薄毛の進行が早まるのではなかったでしたっけ?



また、薄毛対策ではないけれど、普段から髪のために使っているシャンプーやリンス、コンディショナーなどにはもっとお金をかけているはず。さらに、髪ではないけれど化粧品も購入しているのですから、薄毛対策にまで回せる金銭の余裕はないかもしれないですよね。ウィッグやカツラは、薄毛対策の費用には含まれないみたいだし。



意識調査やアンケートって、どんな解説コメントを付けるかで印象や方向性が変わるように思います。そう言われるからそうなんだろうって、思っちゃうことも多いような。たしかに説明の通りのようにも思えるし、そうじゃないのでは?と読めることもあったりします。



「女性の薄毛が増えている」というのが最近の流れだけど、これだって本当なのかどうか。男性の薄毛育毛市場が飽和状態だから女性にターゲットを広げようとしているだけなんじゃないか、という気もしています。私には、本当のところは分かりません。



森友学園や加計学園の問題、トランプ大統領の問題にしても、何が本当なのかどうかわかりにくい世の中になったと感じます。っていうか、ほとんどの人が真実を分かっているのに、それが真実ではないとしてまかり通るようになっている感じなのかな。公文書やデータの改ざんが、あちらこちらで行われていたりしますしね。



こんな時代に、私たちは何を信じたら良いのでしょうか。




この記事へのコメント