AGA服薬1076日 帰省先での同窓会、久しぶりに会う仲間の中で薄毛がイジられるのか?

dousoukai.png


同窓会で明暗を分けるモテ男とは? 知らなきゃ損する新・育毛習慣

という、『日刊SPA!』の記事。
https://nikkan-spa.jp/1536646

年末年始、帰省先で「プチ同窓会」が待っている人もいるのでしょうか。懐かしい学生時代の友達と再会すると、「老けたな~」「太ったな~」なんて話になるのでしょうね。「真っ白だな~」とか、「薄くなったね~」とか、「おでこが広くなったな~」なんて話になるのも、容易に想像できちゃいます。


記事にもあるように、昔のガールフレンドや片思いしていた女性には、「変わらないね」なんて言われたいものですな。まぁ、私の場合、もうそんなセリフは望めないわけではありますけどね。気づいてもらえなかったら、どうしよう…。


昨日ここで、年末年始にバカ売れするものの一つが育毛剤であることに触れました。実家の父親を見るからなのな、同窓会で薄毛に気づかされるからなのか…なんてことを予想したわけです。


来年の同窓会でまた会うときには、フサフサに復活させるぞー!
なんてことを決意して、育毛剤を買う人が増えるんですかね。


でもさぁ。
少人数の仲間だけが集まるのならそうではないのかもしれないけれど、大規模な同窓会のように多くの人が集まったとしたら、私のような50代ともなると薄毛の人も大勢いるはずですよね。


見た目は大きく変わっても、集まれば学生時代のあの頃に一瞬でタイムスリップする…などと言われます。本当なんでしょうか。


同窓会に行くときだけ高級なカツラをレンタルできるようなサービスがあればいいのに。準備する時間はあるわけだから、不自然な感じに見えないよう調整をした完璧なカツラやウィッグを1日だけ貸してくれるわけ。これがうまく行けばそのまま買い取りにつながることもあるだろうから、ビジネスとして成り立つような気もするんだけど。

まぁ、私が思いつくようなことは、きっとすでに商売している人がいるんだろうな。

この記事へのコメント