AGA服薬1417日 悩んでいるうちに時間はどんどん過ぎてゆく

jikan_tobu.png


もっと早く決断していれば…

こんなふうに悔やんだこと、一度や二度では済みませんよね?
いつも即決即断だから、そんな後悔したことないという人もいたりするのでしょうか。


もっと早くやっていれば、あとちょっとだけでも早く動いていたらなどなど、大なり小なりの後悔は誰でもあるんじゃないのかな。すぐに思い出せないのは大きな失敗につながっていないからか、失敗を自動的に忘れるようにできているからか、どちらかでしょうかね。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
情報があふれる薄毛治療において何が正解なのか?「自毛植毛」最前線の医師に聞く
BEST T!MESコラム
https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10951
*****

記事を読むと、こんなクリニックと出会いたかったと思います。素晴らしい先生ですよね。


「AGA最大の敵は悩んでいる時間」という見出しのパラグラフは、『そうだよ、そうだよ』とうなずきながら読んでいました。自分に当てはまることが、いろいろと書かれている感じがします。


そして、このあたりですかね。

*****
『もっと早くやれば良かった』というのが、アフターケアで来院された患者様からよく聞く言葉です。もちろん嬉しいのですが、やはり私としては『もっと早く相談に来ていただければ…』とも思ってしまうのです。
*****

私の場合だって、もっと早く医薬品によるAGA治療をしていれば、もっとフサフサになるまで復活していたかもしれません。
リアップを使ったけどダメであきらめてしまった空白の数年間。いろいろな育毛剤を使用した、その後の「育毛剤難民」時代。この20年は、もったいなかったと思います。


まぁ、しょうがないとも思うけどね。そのときはそう思っていなかったんだから、どうしようもない。あのころに迷っていたのなら悔しいけれど、あのころは知らなかったんだからね。いろいろわかってきた今の時点で考えると『もっと早くしていれば…』と思うけれど、こればかりはどうしようもない。


*****
 なんとかなるんじゃないかという『淡い希望』、できれば負担を軽減したいという『甘え』、まだ大丈夫だと思いたい『プライド』。おそらく、そういったものが薄毛難民の行く手を阻んでいると考えられる。
 しかし、ぜひ覚えておいてほしいのは、AGAは放置しておくとどんどん進行してしまうということだと、音田氏は語る。
*****

結局、あれこれ迷ったり悩んだりせず、さっさと決断して行動してしまう人が成功するのかな。なんでも。
決断が失敗だったとしても、またやり直せばいいんだもんね。どうしようかと悩んでいるうちに、どうにもできないところまで悪化してしまう。


トワイエ、あのころの私は迷ったり悩んだりしていたわけじゃないんだよな~。髪がなくなるのなら、それはそれでしょうがないと思っていたからね。今もそうかもしれないけれど…。
必要なときに必要な情報が目に留まり、時が来たら行動に移る。こんな運命があるような気もしないではありません。


どちらにしても、今のこれが私の人生なんでしょうね。

この記事へのコメント