AGA服薬199日後 意外と知らない育毛の常識

pop_hayaimono_gachi.png
私は「育毛の常識」みたいなものをあまり知らずにいました。育毛情報のサイトやテレビなどを見ておらず、昔からの常識や言い伝えなどを、なんとなく知っている程度。
今年1月からAGA治療薬の服用を始め、それと同時にこのブログを始めたことにより、育毛関連の情報をよく読むようになりました。


年齢的なこともあるのか、読んだはずの情報をすっかり忘れてしまったり、誤解していたりすることもあります。
それだけではなく、このように情報を集めていても、意外と知らない常識があったりするんですよね。
薄毛に悩み、情報を集めているからといっても、いろいろ知っているつもりになっているだけ…ということがあるのかもしれません。


こんな記事がありました。

「薄毛に悩む人」が意外と知らない育毛の常識 | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
http://toyokeizai.net/articles/-/126996


発毛診断士の久田篤さんが書いた文章。
久田さん自身も薄毛になったそうで、ビフォー・アフターの写真が出ています。頭頂部がかなり薄くなっていたのに、生活習慣の改善などで克服されたそうです。うらめしや~、じゃなくて、うらやましい!


この記事の中で、私が知らなかった育毛の常識は、次のようなものです。

頭皮の下には大切な脳があってこれを守らないといけないですから、髪が無くなると、それを補うために頭皮も厚く硬くなっていき、新しい髪もどんどん生えにくくなっていくというメカニズムがあります。


ところがむやみに頭皮マッサージしても、毛細血管を潰して逆に頭皮を硬くしてしまいます。



2ページ目
http://toyokeizai.net/articles/-/126996?page=2

頭皮は非常にデリケートなので、力を入れて洗うことで頭皮下の毛細血管が傷みやすくなります。


しっかり髪と頭皮まで乾燥させないと、髪や毛根が弱りやすくなります。育毛剤を使いたい人はここで育毛剤を散布すると良いでしょう。



3ページ目
http://toyokeizai.net/articles/-/126996?page=3

そこに「ラウレル硫酸」「ラウリス硫酸」など、「〇〇〇硫酸」と表示された成分があったらちょっと注意です。


ノンシリコンシャンプーがはやっている一方で、シリコンシャンプーには注意です。


美容師の多くが異口同音に、「この手のシャンプーは使いやすいが、長く使うと、もう髪や頭皮がボロボロになる」と言います。


せっけんカスが毛穴に詰まりやすくなるという研究結果がある



知っているようで意外と知らない常識というものもありますが、「常識自体が変わってしまっている」ということもよくありますよね。当たり前だと思っていたことが、新しい研究や発見により、昔とはまったく違うものに変化していたりするのです。
今の日本史の教科書には、聖徳太子が出てこないとか、鎌倉幕府は「いいくにつくろう」の1192年じゃなくなっているとかね。


先日放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」でも、秀次の切腹は秀吉の命令ではなかったという新説が採用されていました。
「真田丸」秀次事件は新説を採用 思い描いた人物像に合致 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/24/kiji/K20160724013003330.html

真田丸での石田三成像も、これまでとは少し違いますよね。


ということで、現在は常識とされていることも、将来には「非常識」ということになるのかもしれませんから、自己判断と自己責任で実践するしかありません。
私などは、研究結果を鵜呑みにしてしまうところがありますから、「これはウソだろ!」という自分の「直感」に頼るのもいいような気がします。


他人を信じてハゲたとしても、その人は責任をとってくれません。信じた自分の自己責任。
失敗や人生は、「何才からでも取り返せる」と言われることがありますが、髪の毛ばかりは、いつでも取り返せるものではなさそう。
失ったものをいつまでも嘆くのではなく、あるもので勝負する男になりたいものです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック