AGA服薬1246日 梅雨の湿気や夏の汗でおこる頭皮トラブル対策

_tsuyu_title.png


月曜日は、ストロベリームーンを見ることができました。朝から雨が降ったりと夜の早い時間帯には雲で隠れていましたが、思い出して見てみると美しい満月。でも、冷え込んでいたので寒かった~。


北海道外は、梅雨入りしているのでしょうか。大阪のほうはまだ梅雨入り宣言されていないなんて話を聞きますが、どうなのかな。
北海道は梅雨が無いはずなのに、ここ数年、梅雨のような雨降りが続くことがあります。「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」なんて呼ばれたりもするのですが、今年はどうなるのか。


埼玉に住んでいたころは、梅雨の湿気にびっくりした記憶があります。部屋に掛けていたジャケットに、カビが生えてきて驚きました。重~い空気にも驚いたし、本当にシトシトと雨が降るのだということも知りましたね。


今日は、こんな記事を読んでみましたよ。

*****
かゆい、臭いが気になる……。湿気の多い時季の頭皮トラブル(tenki.jpサプリ 2019年06月15日)
日本気象協会 tenki.jp
https://tenki.jp/suppl/sumiyo/2019/06/15/29172.html
*****

乾燥よりも湿気のある方が頭皮には良いのでは…という気もしていたんですが、長時間濡れっぱなしというのでは、さすがに雑菌が繁殖しそうではあります。梅雨のあの湿気を考えると、冗談抜きでカビが生えてくるかもですもんね。


それを考えると、熱帯夜のときなどは、頭にも汗をかきながら寝ていたと思うんですよね。エアコンなんて、持っていませんでしたから。
睡眠の質も低かっただろうし、ストレスにもなっていたはず。
暑い地域や梅雨のある地域は、薄毛の人が多くなるのでしょうか。


でも、熱帯などの暑い国の人たちは、薄毛というより毛深いイメージもあるような。体毛が毛深いのなら、頭は薄毛かもしれないか。


暑い地域は汗をかくから、頭を洗う回数も多いということはあるのかも。シャンプーを使わずに水だけでジャプジャブ流すだけでも、清潔さは保てるかもしれないですもんね。


頭髪や頭皮がずーっと濡れているということでいえば、水泳競技をしている人だと何時間も濡れたままってことになります。こういう人たちの薄毛具合は、どうなんでしょう。ずーっと濡れている状態だから、かえってトラブルはないのかな。酸素が加わることで、かゆみやニオイが発生するとか?


競泳選手は、髪がフサフサしているイメージがあります。塩素殺菌された水の影響で茶髪になるなんていわれていましたが、薄毛にはならないものなのかな。私が薄毛になり始めた頃は、スポーツクラブのプールで水泳をしていました。あれは髪に影響したのか、否か。


記事の最後には、エアコンによる乾燥についても書かれています。湿気が多かったり乾燥したりと、梅雨から夏にかけては、思った以上に頭皮や頭髪には過酷なのかもね。

この記事へのコメント