AGA服薬942日後 毛髪診断士が湯シャンを6ヶ月実践した評価は良くない感じ

ofuro_shower_hot.png


6か月シャンプーを使わず過ごしたらどうなる?“湯シャン”ついて知っておくべきこと

という、『asQmii[解決!アスクミー] JIJICO』の記事。
https://asqmii.com/jijico/2018/08/12/articles30928.html


毛髪診断士の男性が、湯シャンを6ヶ月間実践した感想が書かれています。湯シャンへの評価は、低い感じかな。オススメは、してないですね。湯シャンを長年実践している私としては、少々不安になってしまいます。


一つ疑義があるのは、「シャワーの温度を上げてみたが良い効果はなかった」という部分。具体的な温度が数値として書かれていないのでハッキリわからないものの、湯シャンのときのお湯の温度は「低め」「ぬるめ」というのが定説のはず。40℃以下や未満ということが、よくいわれているように思います。


この毛髪診断士さんは、油性マジックを落とすときの例を挙げて、お湯の「温度を上げる」ことにしています。その気持ちは、よくわかるところ。私も、そう思ってましたから。でも湯シャンは、ぬる目のお湯がオススメとされている。


*****
6か月後…「不潔感」「ボリュームの減少」などが目立ってきた
*****

湯シャンを勧めるような記事の場合、6ヶ月も経たないうちから良い効果を実感しているものがほとんどだと思います。しかし、この毛髪診断士さんは、逆だったようですね。写真を見ると長髪ですから、薄毛で短髪の私とは、効果や実感が違うのかも。


っていうか、体質や頭皮は人それぞれなので、いいか悪いかも人それぞれなのでしょう。


実際、湯シャンは効果的なのか良いことなのかってことをわからないまま継続している人が多いと思います。自身の感覚と、それを信じるかどうかが決定や継続を左右することは、湯シャンだけじゃないですよね。


科学的に証明されたことでも、その後に否定されることだってあります。昔ながらの、伝統的に伝承されている「お母さんの知恵袋」のようなことが、最新科学で証明されることだってありますもんね。もちろん、何の効果もなかったということが立証されることもありますが。


湯シャンを選択してしまうと、湯シャンを選択しなかった場合の結果はわからなくなります。普通にシャンプーをすることを選択すれば、湯シャンを選択した場合ことは確認できません。


「あっちの道を選んでいたらどうなっていただろう…?」

これは、いつまでも、どんなことにも付きまとう「謎」ですよね。


湯シャンを選択したからって、ずっと湯シャンを継続しなければいけないわけじゃない。でも、ある程度の期間継続しなければ、どれほどの効果があるのかわからないのも事実。そこが、厄介なところ。


まぁ、どっちを選んでも、それほど大きな変わりはないのかもしれません。選択した道が正しかったと、そう思うしかないのでしょうね。

この記事へのコメント