AGA服薬736日後 毛髪診断士監修の薬用シャンプーって、どうなのよ?

ai_study_kikaigakusyu.png



毛髪診断士が開発!ルプルプ薬用シャンプー/薬用トリートメント<医薬部外品>が、美容成分と頭皮への効果をパワーアップし、1月にリニューアル!

というプレス・リリースが出てました。





翌日にも、『毛髪診断士監修のルプルプ薬用シャンプー/薬用トリートメントがパワーアップし登場』というプレス・リリースが。





“頭皮が硬いと、健康な髪は生えない!”というスローガンの元、開発されたシャンプーとトリートメントのようですね。



LPLPと書いて「ルプルプ」と読むそう。
LPLPは「kelp(昆布)」と「scalp(頭皮)」を組み合わせた造語のブランド名なんだって。



AmazonでLPLPのカスタマーレビューを見てみると、けっこう良い評価がされている感じ。
http://amzn.to/2DB2twO

でも、まだリニューアルされたLPLPは並んでいないのかな。



それにしても、毛髪診断士が監修しているというのは、どうなのか?
そもそも毛髪診断士って、どういう存在なの?
資格試験があるのか?
国家資格なのか?



毛髪診断士でググってみたら、内閣府認定『公益社団法人日本毛髪科学協会』が出てきました。ここが認定している資格のようです。

毛髪診断士とは ? 公益社団法人 日本毛髪科学協会
https://www.jhsa.jp/sikaku/mouhatu/



2日間の講習を受けて、認定試験に合格すると認定証をもらえるわけか。2年ごとに認定更新試験を受ける必要があるってのは、なかなか大変そう。ステッカーを掲示することもできるわけね。



医師が監修とか、カリスマ美容師が監修なんてシャンプーなんかもあるのかもしれないけど、売る側としてはいろいろ新しい組み合わせを考えるのでしょう。でも結局は、どれも同じようなものなのかもね。



これからは、人工知能(AI)が開発した育毛シャンプーや育毛剤が登場するのかも。AI育毛シャンプー、AI育毛剤なんて良さそうで、かなり気になるよ。

この記事へのコメント