AGA服薬922日後 理研とベンチャーの毛髪再生医療プロジェクトが、日本の命運を握っているという視点

science_hatsumou_kenkyu.png


理研とベンチャーが開発。毛髪1万本が20日で再生するメカニズム

という、『まぐまぐニュース!』の記事。
https://www.mag2.com/p/news/366128

*****
サイエンスライターとしてTVでも活躍する竹内薫さんが、自身のメルマガ『竹内薫のシュレ猫日記』の中で詳しく解説しています。
*****


理化学研究所とオーガンテクノロジーズ社が開発した、毛髪再生法に関する内容ですね。


*****
このテクノロジーの凄いところは、1センチ四方の頭皮があれば、20日間で毛髪が1万本再生できること。きわめて効率がよいのだ。
*****

あらためて聞くと、やっぱり期待が膨らみますよね。


*****
また、理化学研究所という世界最高峰の科学研究機関とベンチャー企業がタッグを組んで、技術を開発、実用化している点も特筆すべきだ。海外ではあたりまえかもしれないが、日本では、大学や研究所がベンチャー企業と組んで、大々的に製品・サービスを開発し実用化する例は、お世辞にも多いとはいえない。決して大袈裟ではなく、このプロジェクトの成功は、日本の命運を握っているかもしれないのだ。
*****

なるほど。こういう点も、見逃せないわけか。
新しい試みは、失敗すると大きく後退する場合がありますもんね。


*****
今後、マウスの実験で安全性を確認し、早ければ2020年の実用化を目指しているというが、思わず、ふさふさの髪の毛で悠々とオリンピックを観戦している自分の姿を想像してしまいました。いや……注文が殺到して、半年くらいは順番待ちになるかもしれないから、オリンピックまでには無理か。
*****

ふふふ。竹内薫さんも、期待と妄想が膨らんでます。

画期的な毛髪再生治療だとしても、料金が高かったら私には無理だもんな~。薄毛を受け入れて生きていく方向に傾いている私の心を、なんとなく不安定にさせてくる朗報ではあるのですが…。


どちらにしても、どんなふうになっていくのか楽しみ。

この記事へのコメント