AGA服薬914日後 男性型脱毛症でカツラの人は、運転免許写真撮影時にどうしてる?

menkyo_gold.png


がん治療などで頭髪抜けた人の運転免許写真…医療用帽子、かつら・ウィッグもOK

という、読売新聞「ヨミドクター」の記事。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180712-OYTET50021/

*****
 警察庁は、原則として無帽の運転免許証の顔写真について、がん治療などで頭髪が抜けた人については医療用帽子の着用を認めることを決めた。
*****

*****
頭部を布で覆う医療用帽子については、顔の輪郭がわかる範囲で着用を認めるよう指示。かつらやウィッグについても認めるよう明記した。
*****


男性型脱毛症(AGA)で薄毛の人で、カツラをかぶって運転免許証の写真を撮影している人ってけっこういるのではないかと予想しますが、実際はどうなんでしょう。よくできたカツラだと気づかれないでしょうし、違和感のあるカツラの場合には注意されたりするものなのでしょうか。


私は増毛スプレーで薄い部分を隠した状態で、運転免許証の写真を撮影されています。自己申告はしてないし、指摘されたこともありません。


異様に大きなアフロヘアーにしたり、妙な変装をした運転免許証の写真を撮影した…みたいなエピソードを聞くことがありますが、認められることもあれば、拒否されることもあるという感じなのかな。


AGAの薄毛は、「医療上の理由」には入らないのでしょう。でもきっと、かつらやウィッグが原因で写真撮影を拒否されるようなことはないのかな。わからないけど。


前回の免許写真とあまりにも変化している場合なんかだと、「カツラですか?」なんて質問されるんでしょうかね。


実際の運用を考えると、外出時の顔と同じ写真のほうがいいのか、仮の姿から解放された真実の顔写真のほうがいいのか…。


眼鏡やコンタクトレンズでも顔は変わるのだし、ヘアスタイルも大きく変わることだってありますよね。3年とか5年とかの期間があれば、太ったり痩せたりで別人のように風貌が変わることだってあるわけだし。


今回の通達は、かつらやウィッグというよりも医療用帽子の扱いのほうに力点があるのかな。AGAでカツラをかぶっている人が運転免許証の写真をどうしているかという話は今まで聞いたことがないので、少し興味が出てきました。

この記事へのコメント