AGA服薬1023日後 発毛剤、三つ巴の戦いで若年層へ市場拡大狙う

mark_mitsudomoe.png


リアップ特許切れ、発毛剤に参入相次ぐ 若年層に照準

という、『朝日新聞デジタル』の記事。
https://digital.asahi.com/articles/ASLC13SD5LC1PLFA003.html?_requesturl=articles%2FASLC13SD5LC1PLFA003.html&rm=655


やはり、そうですよね。
メディカルミノキ5とリグロEX5は、明らかに若年層狙い。

メディカルミノキは、CMに草彅剛くんと香取慎吾くんを起用してますもんね。まぁ、元SMAPとはいえ、すでに若年層ではないのかもしれませんが、リアップよりは下の世代をターゲットにしているのは明白。


リグロの宣伝キャラクターが誰なのかは不明ですが、どのあたりを出してくるのか? ユーチューバーとかVチューバーなんて、どうでしょう?

いや、三番手ですから、女性キャラクターですかね。


メディカルミノキとリグロの容器や箱のデザインを見ても、やはり若年層向けという感じ。記事によると、リアップのメイン顧客層は、40代以上なんだそう。そうでしょうね。

『薄くなってきた!やばい!何かしなきゃ!』と焦りだすのは、やはり40代からかもしれません。


かくいう私は、30歳になる前くらいにリアップ・デビューをしたはずなので、記事でいうところの若年層にあたるのかも。20代だと、「まだ大丈夫。なんとかなるだろう」という気持ちのほうが強いので、私も自分としては育毛剤や発毛剤を使う気持ちなんてありませんでした。リアップを購入したのは、家族なんですよね。母親です。一人暮らししていた私に送ってきた荷物の中に、リアップが入っていたのでした。


若いうち、早いうちに始めたほうが、病気の治療などは良いんでしょうけどね。発毛剤も、おそらくそうなのだと思います。


もうかなり前から、男性も化粧品のようなものを使う時代になっているみたいですよね。リアップだとオジサン臭い印象があるけれど、メディカルミノキはスカルプDのイメージがあるし、リグロなんかも赤黒のデザインがかっこいいから、若い男性が使うヘアケア商品の一つとして使っていても、もしかしたら恥ずかしくないのかもしれませんね。


トワイエ、医薬品だし、安くないものでもありますから、やはり、決定的に「こりゃ、まずい」と思った人でなければ購入はしないはず。


若年層は収入がまだ少なく、スマホだ、ゲームだとお金がかかるから、発毛剤や育毛剤に回す余裕なんてないような気もしますけどね。ただ、「回すお金」ということになると、40代以上だってそんなに余裕があるわけでもないのかな。


そう考えると、育毛剤や発毛剤は、やはり「切羽詰った」状態にならなければ購入の検討には入らないのかも。


どちらにしても、市場を活性化させなければいけないわけで、活性化させるなら若年層という戦略をとるしかなかったわけか。三社三つ巴の戦いは、どうなるのか。


次は、女性用発毛剤をどこが出すか、なのかも。
男性向けは頭打ちだから、とにかく女性向け市場を広げようてしてますもんね。どうなっていくのでしょう。

この記事へのコメント