AGA服薬722日後 糖尿病も薄毛の原因になるわけか

insulin_chuusya.png



小倉智昭がみずから”頭髪ネタ”を投下?相撲協会を皮肉るも視聴者が騒然

という記事がありました。



小倉さん ―「おぐらさん」で変換したら「御座山」が出てびっくり― の頭髪ネタやかつらネタはよく記事になり、ついつい見てしまいます。



SNS上のリアクションは大喜利状態でおもしろいのですが、記事後半のほうが関心を持って読むことになりましたよ。





とくダネ!でたまに発言されているので小倉さんが糖尿病であることは知っていたんですが、小倉さん自身がカツラのことをカミングアウトしていたということは、全然知りませんでした。



カツラのことをカミングアウトしているなら、小倉さんが頭髪ネタやかつらネタに触れたからと言って、特段大騒ぎしたり記事にしたりする必要ないですよね。SNSでリアクションする人たちも、カミングアウトしている事実を知らないということなのでしょうか。



それよりもっと気になったのは、糖尿病の治療の過程で髪が抜けてしまったということなんです。治療に使われる薬の影響などにより、髪が抜けたりすることがあるんでしょうかね。



「もしかして、糖尿病で薄毛やハゲになるのか?」


ぐぐってみたら、こんな記事が出てきました。







糖尿病が薄毛の原因になるという話は、まったくのノーマークでした。でも考えてみれば、そうですよね。



糖尿病という言葉にこれだけ反応するのは、もう一つ理由があります。昨年12月に父が糖尿病の疑いがあると診断されたからなんですよね。



父が前立腺がんの治療を受けていることは、何度かこのブログでも触れてきました。父の兄弟たちも同じように前立腺がんの治療を受けたことがあるので、家系や遺伝ということを考えると、私もそうなる可能性があるのだろうというようなことを書いていたんです。



そんなところに、今度は糖尿病かもしれないという話が出てきたわけ。父も私も甘い食べ物が大好きだし、お酒も大好きなんですよね。



さらに、正月に親戚を訪問して話をしたところ、父の兄が糖尿病の治療を5~6年前から受けているという事実が判明。糖尿病も家系や遺伝が関係するらしいので、前立腺がんだけでなく、私は糖尿病になるリスクも高いのかもしれません。



とは言うものの、父や父の兄弟が揃っている中で、一番ハゲてるのは私なんですよね。髪の毛だけ比較すると、私が一番の大先輩。父も薄めですが、私ほどハゲてはいません。父の兄弟たちとなると、フサフサのままなんですよね。



ってことは、家系や遺伝の心配なんて私にはないのかも。
私の生活習慣や食生活、仕事や環境などが悪かったということなんでしょうかね。



勝手なイメージでは、前立腺がんより糖尿病のほうが怖い感じがします。薄毛やハゲよりは、当然どちらも怖いですけどね。



これからの私は、前立腺関連疾患だけでなく糖尿病にも気をつけなければいけないようです。父が病気になったおかげでそういう注意ができるのだから、ラッキーということになるのかな。


この記事へのコメント